5月5日に筑波サーキットで、オールドナウ・カーフェスティバルが行われたので見てきました。
毎年恒例で、今年で21回目になります。
5月5日は子供の日なので、中学生以下は入場料は無料です。(パドックパスは有料です)
この日はマツダのフェスタも開催されて、767BのデモランやマツダロードスターとRX−8のパーティーレース、縄跳びのショーや戦隊物のショーなど盛りだくさんでした。
また国産絶版名車や外車のスポーツカーのデモランや、模擬レースなどが行われて、車好きにはたまらない内容です。
天気は朝から晴天で、暑いくらいで、古いクルマやスーパーカーがサーキットを走るには最高の良いコンディションでした。
このイベントの良いところは車を展示するだけでなく、ほとんどの車が実際にサーキットを走る(しかもかなりのペースで)姿を見る事ができることです。
古いクルマを知っているおじさんにとっては、まるでタイムスリップしたみたいです。
古いクルマを知らない若い人にとっては、新鮮なインパクトがあるでしょう。
今回の目玉は、エンツォ・フェラーリが走ったことでしょう。
他にも、たくさんの名車が集まったので紹介していきます。
毎年同じではつまらないので、今回はサムネイル式にしてあるので、クリックして大きな画像でお楽しみください。

「スポーツカーイベント」へ戻る

無料チャンステストで素敵な出会いをゲット

スポーツカー、ロードスターイベント

2006オールドナウ&マツダフェスタ(筑波サーキット)

NBマツダロードスターは楽しい