マツダロードスターのQ&A

メンテナンスの達人になろう

マツダロードスターのメンテナンス
「マツダロードスターのQ&A」へ戻る

無いものは無い!!何でも揃う日本最大級オンラインショップ

ロードスターの楽しい走りをいつまでも維持していくためには、適切なメンテナンスが必要です。
そのためには、いつ、どこで、何を行なったかを記録しておく事が重要です。
たとえば、2007年5月5日、走行距離が51,000kmの時にDIYでオイル交換、カストロール マグナテック10Wー40、費用がいくら、走行後の感想。
このようにノートなどに記録しておけば、次に交換するタイミングもわかるし、交換を忘れる事もなく、計画的にメンテナンスができます。
私はノートの1ページ目に、油脂や消耗部品などの交換サイクル(走行距離)を書いているので、わかりやすいです。
「オイル交換は5,000kmまたは6ヶ月」などと書いています。
あと自分でメンテナンスをするためには、作業に必要な工具が必要だと思います。
あまり高価な工具でなくても、そこそこの品質で使いやすい物ならばいいと思います。
かといって、あまり安い物は長持ちしないのでおすすめできません。
足回りのボルトなどはかなりきつく締められているので、メガネレンチがあると六角のやまをなめずに緩められます。
また、ラチェットレンチがあると作業効率の良いので、疲れずに短時間でできるので重宝します。
作業に必要な工具を、少しずつそろえていけば良いのではないでしょうか。
メンテナンスはやり方を間違えると、大事なクルマにトラブルが起きたり、事故につながりかねないので、書物やインターネットなどで詳しく調べてから行うと良いでしょう。
自分で作業するのに自信が無い場合はディーラーなどに依頼して、少しずつ覚えていけば良いと思います。
ちょっとした部品を交換しただけでも、クルマに対する愛着が湧いてきて、クルマいじりが楽しくなってきます。
あとは、自分の愛車は自分でメンテナンスするんだ!!という強い気持ちがあれば、メンテナンスが楽しい!!と感じられるようになっていくと思います。

楽天市場(DIY工具特集)自分でやるから楽しい!!

メンテナンス用工具

これは私が使っているメンテナンス用工具です。
画像にはありませんが、サンダーがあります。
サンダーはDIYで部品を加工する時にとても重宝します。
オイル交換の時などに必要なジャッキアップスタンドは、コンクリートブロックを使った自作のものしかないので、安全のためにも、きちんとしたものが欲しいです。
あとは、電気ドリルとリューターがあればいいですね。