マツダロードスターのQ&A

マツダロードスターのメンテナンス

マツダロードスターのメンテナンス
「マツダロードスターのQ&A」へ戻る

無いものは無い!!何でも揃う日本最大級オンラインショップ

楽天市場ロードスター用パーツ(見たいパーツをジャンル別に表示できる)

クルマのメンテナンスというと、専門知識がないとできないと思いがちですが、初めから難しい作業をやるのは無理なので、初めはクルマの状態をこまめにチェックすれば良いのではないしょうか。
洗車をディーラーやガソリンスタンドなどにまかせている人は、自分でやってみると良いと思います。
洗車といっても、ただきれいにするのではなく、クルマの隅々までよく見ながらチェックしていきます。
飛び石によるボディー、ウインドウ、ライト類の傷がないか?オイルやクーラントの漏れはないか?タイヤの偏磨耗や残り溝や傷がないか?など、いろいろなことがわかります。
また、エンジンルームは重要な情報がたくさん得られるので、じっくり見てチェックする必要があります。
私のチェック項目は以下のとおりです

Nブレーキパット(フロント側)
タイヤ&ホイールをはずして、キャリパーの点検窓から見て残量をチェック

ロードスターのメンテナンス

@エンジンオイルの汚れと量をレベルゲージ(FとLの間にあること)でチェック。5千kmで交換。

Aエアーフィルターの上カバーをはずして、汚れをチェック。
2万kmで交換。

Bブレーキフルードの汚れと量(FとLの間にあること)をチェック。
2年毎に交換。
Cクラッチフルードの汚れと量(FとLの間にあること)をチェック。

Dパワステフルードの汚れと量(FとLの間にあること)をチェック。

ELLCクーラント(冷却液)の量(FとLの間にあること)をリザーブタンクを見てチェック。
2年毎に交換。

Fプラグをはずして焼け具合を目視でチェック(NB2はセミ?ダイレクトイグニッションのため、プラグコードが簡単にはずせないので、頻繁にはチェックしません)

Gウオッシャー液の量が充分にあることをチェック

ミッションオイル交換
フューエルフィルター交換

エンジンルーム以外では、以下の項目をチェックします。

Hバッテリーはエンジンのかかり具合でチェックします。
本当はバッテリー液の量をチェックしたいのですが、ロードスターのバッテリーはシールドタイプなのでできません。

Iタイヤの空気圧をエアーゲージでチェック。
メーカー指定は1.8kg/cm2ですが、低すぎるので私は2.3〜2.5kg/cm2にしています。

Jワイパーのゴムの劣化をチェック。
すじのような拭き残しが出てきたら交換です。

Kデフオイル
取り説には10万kmと書いてありますが、2万kmで交換。
下のドレンボルトをはずして、上のボルトをはずすとオイルが落ちてきます。
ドレンボルトを締めて、上のボルト穴からオイルがあふれるまで入れて、ボルトを締めます。

Lミッションオイル
取り説には無交換!!と書いてありますが、4万kmで交換。
下のドレンボルトをはずして、上のボルトをはずすとオイルが落ちてきます。
ドレンボルトを締めて、上のボルト穴からオイルがあふれるまで入れて、ボルトを締めます。

M燃料フィルター
取り説には10万kmと書いてありますが、5万kmごとに交換。

Oブレーキパット(リヤ側)

フロントブレーキパット残量チェック
リヤブレーキパット残量チェック
日常点検をしっかりしていれば、トラブルを早期に発見できるので大事に至る前に対策できると思います。
自分でできないことはディーラーなどに依頼して、少しずつトライしてメンテナンスのやり方を覚えていけば良いと思います。