上の画像の状態ではナットが締めずらいので、ジャッキで持ち上げてナットを締めました。

ダンパーの下側は17mmのボルトで固定されています。
オイルでべとべとです。

ダンパーとアッパーマウントとバンプラバー、カバーはセットになっていて、ダンパーのみを購入することはできませんでした。
車体側のボルトがかなり長いので、手持ちの工具でナットを外せるか心配しましたが、メガネレンチ(12mm)で外せました。

一番上のバンプラバーまでオイルまみれになっています。
ネットで調べてみると、先代アクセラで同じトラブルが数件出ているのが見つかりました。
ディーラーに話を聞くと、ダンパーの保障期間は3年とのことで、うちのアクセラは4年9カ月たっているので、有償になるそうです。
見積もりを取ってみると、
部品代が11,880円
工賃が5,322円で合計17,202円です。
ディーラーの整備士の話では、自分でも交換できそうなので、今回は自分で交換する事にしました。

アクセラのリヤダンパー交換

アクセラ リヤダンパー交換

無事にダンパーを交換する事が出来ました。
工賃5,322円を節約できたので良かったです。

上が新品です。
ダンパーはピンクのシールを車体の奥側に向けて取り付けます。

メガネレンチが少し奥側になって力が入りにくいので、レンチの下にジャッキを入れて上げて緩めました。

アクセラをとめている車庫の地面にオイルが垂れている跡があるのに気がつきました。
左リヤのタイヤの奥側です。
ジャッキアップしてホイール&タイヤを外して見ると、ショックアブソーバーがオイルでべとべとになっていました。

マツダアクセラのダンパー交換

「クルマ日記」へ戻る

下側のボルトを締め付けると、上側はこのような状態になりました。