アクリル板は専用のカッターで厚さの1/3程度切り欠いて、テーブルの端に置いて曲げるとバキンと一気に割ることができます。
専用のカッターは持っていないので、大きなNTカッターで4回くらい切り込んだら、割ることができました。
のこぎりで切らなくても良いので楽でした。
固定用の穴ははんだごてで空けました。
エアロボードには小さな穴がたくさんあいていますが、一番外側の穴に結束バンドで両端を固定します。
これだけでは中央部にわずかな隙間があるので、走行するとガタガタ音が出そうです。
なので中央部2か所を強力な両面テープで固定しました。

「NDロードスターのガレージ」へ戻る

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ

エアロボードの改善

ルームミラーからの後方視界は、アクリル板が6割くらいを占めるので、スモークではなく透明にして良かったと思います。
見た目はスモークの方がかっこいいですが、見やすさでは透明の方が良いと思います。

純正オプションのウインドブロッカー24840円(税込)と同じくらいの高さになりました。
ちょっと見栄えは良くないですが、10分の1以下の費用で同様の機能が得られました。

高さはベース面から150mmにしました。
この高さなら幌を閉める時、シートに座ったままでも問題ありません。
幌を開けて後方下にロックする時は、座ったままでは無理なので車から降りる必要があります。
取扱説明書には幌をロックする時は幌の後端を抑えながら行うと書いてあるので、私はいつも車を降りてロックしていたので問題ありません。

NDロードスターのエアロボードはシートに座ったままで幌を開閉できるようにする為か、全体的に少し低くなっています。
幌を開けて後方下に押し下げてロックするために、中央部がコの字状に低くなっています。
これでは風の巻き込みが少し大きくて、冬の寒い時にオープンにすることができないので、改善する事にしました。
ホームセンターで厚さ2mmのアクリル樹脂板を買ってきました。
サイズは320×550mmで2000円くらいです。
透明タイプとブラウンスモークがあって迷いましたが、ロードスターは後方視界が非常に狭いので、少しでも見やすい方が良いので透明タイプにしました。

NDロードスターの自作エアロボード