愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ

アルミホイール交換(レイズ グラムライツ)

この画像はローダウンスプリングでノーマルよりも前後共
25mm下がった状態です。
タイヤが純正よりも5mmだけ外側に出た状態です。
あと5〜10mm外側に出ていれば、もっとかっこよくなったと思います。

ハブリング無しでも4個のナットを均等に締め付ければ、ホイールのセンターが出るので、走行中ハンドルがぶれることはありません。
しかし、ホイールを脱着する際、ハブリングが無いとホイールのセンターがずれて、ナットを緩めたり締める作業が非常にやりにくいので、絶対にあった方が良いです。
このホイールはナットとその外側のクリアランスが狭いので、普通のレンチだと使えなくて、径が小さくて薄いレンチが必要です。
そのため、ホイールのセンターがずれていると、ナットを回すのが非常にやりにくいのです。

溝のあるツバを車体側になるように取り付けてから、ホイールを取り付けます。
ハブリングを取り付ける際、きついかもしれないのではずしやすい溝付きにしましたが、取り付けは簡単でした。

NDロードスターの純正ホイールはデザインがとてもかっこよくて、剛性も高くて軽いのでとても気に入っています。
強いて上げれば、色が明るいシルバーで、オフセットがあと10〜15mmくらい小さくて外側に出れば完璧です。
冬にはスタッドレスタイヤが必需品なので、純正ホイールはスタッドレス用にして、夏用タイヤに社外品のホイールを履かせることにしました。
タイヤサイズは変えたくなかったので、ホイールのサイズも純正と同じ16インチ6.5Jにします。
オフセットはタイヤを外側に出した方がかっこいいので、純正の45から30〜35に変えようと思います。
ネットでいろいろ探してみましたが、好きなデザインでちょうど良いサイズのホイールが見つかりませんでした。
オフセットが35mmの物があればよいのですがありませんでした。
結局、レイズのグラムライツ 57エクストリームSTDの
16インチ6.5Jオフセット40 PCD1004穴にしました。
純正ホイールよりもタイヤが5mm外へ出ます。
センターキャップ付きで購入しました。
センターキャップはもうひとつの部品を組み合わせて、高さを高くできますが、高いとナットを回しにくいだけなので、ひとつでいいから安くして欲しいです。

「NDロードスターのガレージ」へ戻る

レイズホイールのボア径はφ65.1mmでロードスターのハブのボア径はφ54mmなので、画像のようなハブリングが必要になります。
外す時に外しやすい溝付きのものを購入しました。