トップフューエルのラムエアインテークダクトはラムエアー圧は期待できないかもしれません。
150km以上になれば多少の効果はあるかもしれませんが、エアクリーナーの抵抗があるので、どうでしょうか?
ですが、ダイレクトに走行風を取り込むので、夏場は特に吸気温度を下げる効果があると思います。
純正では、走り始めは吸気温度は外気温度のプラス3℃くらいですが、走り続けているとエンジンの熱でエアクリーナーボックスやダクト類の温度が上がると、吸気温度もどんどん上がってしまいます。
それでもこのダクトであれば、吸気温度の上昇が少なくなると思います。
吸気温度が下がれば、トルクアップやレスポンスアップが期待できると思います。
私のNDはOBDモニターを付けているので、吸気温度を知ることができるので、実走して効果を確認してみました。
外気温8℃でアイドリングをしていて、吸気温度が16℃になった時に走り始めると、どんどん下がっていって11℃まで下がって安定しました。
純正のダクトでも走れば下がると思いますが、インテークダクトの方が下がり幅が大きいと思われます。
気温が低いのでその効果がはっきりとあらわれましたが、夏場にどれくらい効果があるか楽しみです。

バンパーを仮組みして、具合を確認します。
まず、ビス2本を仮締めします。

ダクトをアルミテープで固定します。
取扱説明書では、インテークダクトのレインフォースと接触する垂直面に両面テープを貼って固定すると書いてありますが、そうするとバンパーを取り付ける際にわずかに動く自由度が無くなって具合が悪そうなので、クッション材として両面テープを貼りましたが、表面のシールははがさないでおきました。
純正ダクトとインテークダクトの接続部はアルミテープでふさぎました。
バンパーとボンネットの隙間が空きすぎたり、斜めになっているとかっこ悪いので、調整してからビス2本を本締めします。
バンパーを外した時と逆の手順で取り付けます。

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ

事前に調べた情報では、ダクトとバンパーが当たって、バンパーとボンネットに数ミリの段差ができてしまうとの事だったので、バンパーのダクトとあたりそうな箇所をサンダーでかなり削りましたが、1.5mmくらい段差ができてしまいました。
気にして見れば気になりますが、それほど気にならないかもしれません。

アンダーカバーの中央部をバンパー下部の上に乗せるようにします。
アンダーカバーとバンパー下部の重なり具合に注意してください。

吸気ダクトを付けるためには、中央の金具の右端があたるので、カットする必要があります。
まず、中央の金具に付いている配線をはずします。
センサー部はボルトをはずして、配線を固定しているクリップは奥側をラジペンでつまんではずします。
中央の金具はボルトをはずせば、バンパーからはずせます。
右側の金具はボルトをはずして、配線ごとバンパーからはずします。
中央の金具の右端は、金ノコギリでカットして、サンダーで仕上げて、サビ防止に黒ペンキを塗っておきます。

「NDロードスターのガレージ」へ戻る

ラムエアインテークダクト取り付けA(トップフューエル)

具合が良ければバンパーをはずして、ダクトの中に異物が入らないように、バンパーの開口部にアルミのメッシュシートをアルミテープで取り付けます。

タッピングビス2本を仮締めします。
バンパーの削った部分とダクトの位置関係や、ダクト上のバンパーとボンネットの段差などを確認して、必要であればさらに削って調整します。

ダクトをガムテープで仮組みします。

白い発泡スチロール部品は、クリップ2個で固定されているだけなので、そっくりはずします。

ヘッドライトの内側のバンパー部がダクトにあたって、ボンネットと数ミリ段差ができるらしいので、バンパー側の出っ張っている部分をサンダーで削っておきます。

グリル右上のふたになっている部分を、サンダーで削って仕上げます。
どれくらい削れば良いかはわからないので、初めは少し削ってダクトを仮止めして、バンパーを仮組みして、具合を見て足りなければ、さらに削ります。