次にモーターに差し込んであるコネクタをはずします。
コネクタの下の左端を押すとロックがはずれて、外せます。

カウルパネルトップの前端はバルクヘッドに沿って、ゴムパッキンと共締めでスナップで固定されています。
下側の前後のツメで固定しているので、まず手前側のツメを押して、少し上に持ち上げてから、奥側のツメを手前に押して外します。

ワイパーを外す前に、取り付け位置がわかるようにビニールテープを貼っておきます。

「NDロードスターのガレージ」へ戻る

下りのワインディングを本気で攻めた走りをする時に、ボディー剛性を上げた方が良いと思って、ストラットタワーバーを取り付けることにしました。
RSやNR-A用の純正部品は1万円弱で安くて良いのですが、スチール製で重量が重いのが欠点です。
少しでも軽い方が良いので、楕円アルミパイプ製のクスコにしました。
楽天市場で約16,000円(税送料込)でした。
タワーバーを取り付けるためには、バルクヘッドにあるエアーカウルパネルという純正部品を、取り付け用のボルトが付いている物に交換する必要があります。
まずはワイパーアームを外しますが、アームの付け根のカバーを外します。
手で持ち上げながら下方へ引っ張ると簡単に外れます。

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ

モーターユニットは運転席側から横に差し込んで固定されています。
そのため、ワイパーユニットを外す際は、全体を運転席側にずらしてはずします。
フロントガラスにぶつけないように、注意してはずします。

ストラットタワーバー取り付け(クスコ) @

奥が標準のエアーカウルパネルで、手前がタワーバー固定用のボルトが付いている物です。
マツダ純正部品で2,160円です。

エアーカウルパネルは8本のボルト(10mm)で固定されています。
ソケットレンチではずしますが、向かって右端下のボルトは配管が邪魔なので、メガネレンチではずします。

次にワイパーユニットをはずします。
まず、両端にあるボルト(10mm)をはずします。

左右に1個ずつあるカバーを精密ドライバーではずします。
タッピングビスを+ドライバーではずします。
カウルトップパネルをはずします。
カウルトップパネルの後端はフロントガラスを挟むように固定されているので、取り付ける際は同じように取り付けます。

フロントウインドウ手前の大きな黒いカウルトップパネルをはずします。
まず、ウオッシャーホースのジョイント部分を外します。

カバーはこのような形状になっています。
ソケットレンチでナット(14mm)をゆるめて、ワイパーを外します。