NDロードスターのアクセルぺダルはブレーキペダルに対して少し低いので、ヒール&トウがやりにくいです。
アクセルペダルは下側に支点があるオルガン式なので、ヒール&トウをする時はアクセルペダルの上の方を踏むように意識する必要があります。
少しでもヒール&トウをしやすくするために、アクセルペダルとアルミプレートの間にゴム板をはさんでかさ上げする事にしました。
純正オプションのアルミペダルは普通の皿ビスではなく、頭が平らなビス2本で固定されています。
ナットは普通の六角ナットではなく、丸い形状でつば付きタイプです。
たぶん六角ナットでは締める際の回り止めのソケットが入るスペースが無いので、回り止めのギザギザがあるつば付きになっていると思われます。

アルミペダルの裏側にはゴム部品を逃がすための座ぐりがありました。
追加するゴム板には、ゴム部品を逃がすために大きめの穴をあけました。
このような頭が平らなビスは初めて見ました。

「NDロードスターのガレージ」へ戻る

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ

アルミペダルを外すと、ビス止めの箇所にゴムのワッシャのような部品があって、2mmくらい高くなっていました。

アクセルペダルのかさ上げ

追加したゴム板は厚さ2mmなので、ビスはそのまま使っても長さは問題ありませんでした。
たった2mmですが、ヒール&トウがやりやすくなりました。
あと1〜2mm厚くても良いかもしれません。

アルミペダルを取り付けてビスで固定します。

ゴム板を取り付けて、ずれないようにセロテープで固定します。

このままでは段差ができてしまうので、ゴム部品を外そうとしましたが外れません。