マツダロードスターに限らず最近のマニュアル車はクラッチを踏まないとエンジンがかからないみたいですね。
以前にAT車で急発進の事故が多発したためでしょうか。
踏み切り内でエンストしてエンジンがかからない時、ギアを1速に入れてセルを回して脱出する方法を昔、教習所で習ったけど、今は教えてないのかな?
今の車ではできないですね。
でも、いちいち乗り込まないとエンジンがかけられないのは非常に不便です。
特にロードスターはシートが低いので、腰を痛めている時などは乗り降りがつらいです。
そこでクラッチを踏まずにエンジンが始動できるようにしました。
まずはステアリングコラムの下のカバーをはずします。
下端のビス2本をはずせばカバーははずれます。
シートを後ろまで下げます。
作業スペースが非常に狭いので、あお向けになって作業しますが、そのままではブリッジをする体制になって背骨を痛めてしまいます。
そのため、サイドシルのすぐ右側に台を置いて、そこに下半身を乗せると作業がしやすいです。
それでも、かなり苦しい体制なので、必要な部品や工具を手の届く場所に置いて、一度に作業を終わらせる事をお勧めします。
写真ではわかりずらいですが、クラッチペダルの根元にスイッチがあって、ペダルを踏むとオンになってエンジンを始動できるようです。
そのスイッチにつながる白いコネクタをはずします。
コネクタは3極ですが、実際に配線されているのは2極です。

NBロードスターのクラッチスタートキャンセル

「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

楽天市場ロードスター用車高調整キット

NBマツダロードスターのモディファイ

エンジン始動時のクラッチキャンセル(NBマツダロードスター)

クラッチキャンセルのワイヤー
ロードスターのクラッチスタート
クラッチエンジンスタートキャンセル

この配線をエンジン側コネクタの2ピンに差し込みます。
電気的には常時クラッチを踏んでいる事になりますが、別に問題は無いようです。
これでクラッチベダルを踏まずに、エンジンをかけることができます。
ただし、エンジン始動前にギアがニュートラルになっていることを必ず確認する必要があります。
安全のための回路をキャンセルするので、改造は自己責任でお願いします。
これで踏み切り内でエンストしても慌てることはありません。(笑)

7cmくらいの電線の両端に平型端子を付けて、Uの字に曲げた物を作ります。

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ