NBマツダロードスターのモディファイ

オイル交換(エンジン、ミッション、デフ)(NB2ロードスター)

NBマツダロードスターのオイル交換
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る
ロードスターのオイルフィラーキャップ
NB2ロードスターのリフター
ロードスターのメンバーブレース
ロードスターのエンジンカバー
ロードスターのオイルパンのドレンボルト
ロードスターのオイルフィルター
ロードスターのオイルエレメント
ロードスターのミッションオイル
ロードスターのミッションオイル交換
ロードスターのデフオイル
ロードスターのデフオイル交換

エンジンオイルが前回交換してから7,300km走ってかなり汚れてきたので、マツダのディーラーで交換することにしました。
ミッションオイルは45,000km、デフオイルは33,000km走っているので、ついでに交換してもらいました。
マツダの取扱説明書と専門誌「ロード&スター」を見ると以下のように書いてあります。

                  取扱説明書                      ロード&スター

エンジンオイル     7,500kmまたは6ヶ月(シビアコンディション)   10,000kmまたは1年
              15,000kmまたは1年(通常のコンディション)                
ミッションオイル     なんと無交換です!!                  20,000km    
デフオイル(LSD付)  100,000km                       10,000km

廃油をたくさん出すと地球環境に良くないので、自動車メーカーとしては交換サイクルを長く設定しているのでしょう。
それにしても、ミッションオイルが無交換というのは驚きです。

まずはエンジンオイルのフィラーキャップをはずします。

油圧リフターで2mくらいアップします。

触媒下にあるフロアを補強するためのメンバーブレースをはずします。

ミッション下にあるカバーをはずします。
以上のふたつのパーツはミッションオイルを交換するためにはずしたので、エンジンオイル交換ならば、はずす必要はなさそうです。

ドレンボルトをはずして、エンジンオイルを抜きます。
すぐ下に、高さを変えられるオイルの受け皿を置いています。
オイルが抜けたら、ボルトを締めます。

今回はエンジンオイルのオイルフィルターも交換するので、フィルターをはずしました。

カー用品店で買ったPIAAのオイルフィルターを持ち込んで、交換してもらいました。
わかりにくいですが、シルバーの物がフィルターです。

次はミッションオイルです。
下のドレンボルトをゆるめてから、上のボルトをゆるめてオイルを抜きます。
上のボルトは、オイルが落ちるために空気が入る為の物です。

下のボルトを締めてから、上のボルト穴にオイルを入れていきます。
レバーを手で上下動かすと、オイルが圧送されます。
で、ボルト穴からオイルがこぼれれば、規定量になったというわけです。
上のボルトを締めます。

次はデフオイルです。
下のドレンボルトをゆるめてから、上のボルトをゆるめてオイルを抜きます。

下のボルトを締めてから、上のボルト穴にオイルを入れていきます。
ミッションオイルと同じやり方です。
上のボルトを締めます。
あとはリフターを下げて、エンジンオイルを入れてキャップを締めます。
レベルゲージで規定量が入っているか確認して完了です。

エンジンオイルは7,300km走っていたので、結構汚れていました。
5,000kmくらいで交換したほうが良さそうです。
ミッションオイルは45,000kmですが、それほどひどい汚れではありませんでした。
これくらいの距離で良さそうです。
デフオイルは33,000kmですが、結構汚れていました。
20,000kmくらいが良さそうです。
私のおすすめ交換サイクルは以下のようになりました。

エンジンオイル    5、000km
ミッションオイル  40,000km
デフオイル     20,000km

ただし、走り方によって変わってくると思います。
費用は以下のとうりです。
エンジンオイル(G)SL            3.5L  2,500
ミッションオイル(ロングライフギヤオイル)  2L   2,100
デフオイル(ロングライフギヤオイル)     1L   1,050
工賃                              3,350
合計                             9,000円

楽天市場オイル、添加剤

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ