愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ

NBマツダロードスターのモディファイ

NA用マツダスピード車高調取り付け(フロント編)

NBマツダロードスターの車高調
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

日本最大級の通販オンラインショップ「楽天のカー用品、パーツ市場」にリンクします。

ロードスター用サスペンションパーツ(ローダウンスプリング、車高調)

ロードスター用車高調整キット

ロードスターのNBアッパーマウント

リヤに続いて、今度はロードスターのフロントのサスペンションキットの交換をします。
アッパーマウントのナットを緩めますが、RSはストラットタワーバーが付いているのでやりにくいです。
14mmのソケットレンチとエクステンションを使って緩めます。
タワーバーが共締めなので、はずす時よりも取り付ける時の方がやりにくいです。

次に、ショック下端のボルト(17mm)をはずします。
しつこいようですが、固いです。

はずれたら、ロアアームを少し押し下げてショック下端を奥側にずらします。
すると通称「隠しボルト」(17mm)が見えるので、はずします。

ロアアームとナックルのジョイント部をはずします。
すると、隠しボルトでとまっていた箇所からロアアームを分離できます。
純正ビルシュタインはショートケースタイプではないので、はずすのにかなり苦労します。
二人ならば何とかできますが、一人でやる時はスプリングコンプレッサー(専用工具)でショックを縮めないと厳しいと思います。
やり方は
ロアアームを目いっぱい下げる。
アッパーアームを下げながら、ショック下端を奥にずらす
さらにロアアームとアッパーアームを下げて、ショック上端を手前にずらす。
思い切りアッパーアームをさげて、フェンダーに当たらないように気をつけながらショックを手前に取り出す。
アッパーアームを下げるのには、木の棒をアッパーアームを取り付けているシャフトにかけて、テコの原理で押し下げると良いです。
ロアアームは足で踏んで下げます。
組み立ては逆の手順で行いますが、ジャッキをロアアームの下にあてて、高さを調整するとやりやすいです。
アームを下げてショックを差し込みます。
アッパーマウントのナットを仮締めします。(ストラットタワーバーを共締め)
ハブとロアアームのジョイントをボルトで仮締めします。
隠しボルトは本締めします。
ショック下端のボルトを仮締めします。
スタビリンクを本締めします。

車体がウマに載っている事を確認して、ジャッキをロアアームの下にかけて、車体がウマからほんの少し浮くまで上げます。(左右共)
ボルト類を本締めします。(車が不安定なので注意が必要です)
タイヤ&ホイールをつけて、ウマから下ろしてからアッパーマウントのナットを本締めします。
これで作業は完了です。

スタビライザーのジョイント
ビルシュタインショックアブソーバー
ロードスターのロアアーム
ロードスターの前サスペンション
ロードスターのマツダスピード車高調
ロードスターのフロントサス
ロードスターの車高調
ロードスターのローダウン
マツダオープンカー
NB2マツダロードスター

スタビライザーのジョイント(下側)を外します。
上側よりも下側をはずした方が、ショックをはずす時にじゃまにならないので良いです。
ナットを回して緩めますが、かなり固くて、なかなか緩みません。
ラチェットをハンマーでたたいて、やっと緩みました。
その後ナット回すと、ボルトも回ってしまいます。
ボルトの先に六角レンチの穴があるので、六角レンチを差し込んでナットを回してはずします。

隠しボルトの締め付けは、ネジを切ってあるところが見えないので結構てこずります。
この時、ロアアームとナックルをボルトで仮締めします。
こうすると隠しボルトのネジ穴の左右方向が合うからです。
ショック下端のボルトは付けずに奥へずらします。
ずらさないと、隠しボルトの頭があたってねじ込めません。
マイナスドライバーを下に差し込んで、ネジ穴部を持ち上げて隠しボルトをねじ込みます。
ABS装着車は、配線を固定するブラケットが付くので、ショックを取り付ける向きに注意が必要です。
せっかく取り付けたのに逆だったら、泣くに泣けません。

タイヤとフェンダーの隙間は、前が指1本、後が指3本です。
後は、あと1cm下げるとちょうどバランスが良さそうです。
今回の車高調はNA用で、NA純正のアッパーマウントがついていました。
NAのアッパーではNBに付けられないので、NBのアッパーを加工してつけました。
そのため、メーカーの設定よりも2cmくらい車高が低くなってしまいました。
また、NA用のショックはNB用よりも少し短いらしいです。そのため、さらに低くなってしまったので、ロアシートをめいっぱい上げています。
これ以上、上げることはできません。
冬に雪が降ったら、どうしましょ。(汗...)
わくわくしながら試走してみると、後ろが何となく違和感があって変な感じです。
後ろの右のダンパーがへたっている感じです。
右リヤフェンダーを手で押し下げると、他の3箇所よりも明らかにやわらかいのがわかります。
減衰力はダイヤルで4段階に換えられるのですが、1番強くしても1番弱い時とほとんど変わりません。
せっかく2日間かけて苦労して取り付けたのに、がっかりです。
しかたないので、他の3本も1番弱くしてバランスを取っています。
ノーマルより固くしたかったのに。とほほ...
スプリングはノーマルより少し固いはずなのに、ノーマルよりやわらかい感じがします。
私のロドスタは改造前からフロントの右が左より8mm低かったのですが、交換後も同じなので左コーナーを攻めるとタイヤがインナーフェンダーにあたってザザーという嫌な音が出ます。
交差点で左折する時も、少し段差があると音が出ます。
今回のNA用車高調は大失敗だったようです。
ほとんどのメーカーの車高調はNAとNBが共用ですが、マツダスピードはアッパーマウントが純正品を使っていて、そのアッパーがNAはNBよりも厚いので、ショックの長さはNAの方が短いです。
そのためNA用ショックにNB用アッパーをつけて、NBに取り付けると、車高が下がりすぎてしまうようです。
それでもスプリングが固ければ良いのですが、やわらかいのでスプリングを交換したほうが良さそうです。
今回は右リヤがへたっているので、どうしようもないです。
ノーマルに戻すのはしゃくにさわるので、ノーマルショックにダウンサスを組んで交換しようと思っています。

スプリングコンプレッサー

今回の作業は2人で1日で終わすつもりでしたが、1日めはリヤ左右とフロント左しかできませんでした。
フロントのサスキットをはずすのが大変で、まるで知恵の輪のようでした。
それでも1日めは2人だったのでなんとかはずせましたが、2日めは1人でやったのでどうしてもはずせませんでした。
どうしようもないので、トヨタのディーラーに勤める知人からスプリングコンプレッサーを借りてきました。
これがかなりがっしりしていて、ごついので取り付けるのに苦労しましたが、なんとかはずすことができました。
一人はもちろんですが、二人の時もスプリングコンプレッサーがあった方が楽に早くできます。
その後、私がスプリングコンプレッサーを買ったのは言うまでもありません。