NBマツダロードスターのモディファイ

NA用マツダスピード車高調取り付け(リヤ編)

日本最大級の通販オンラインショップ「楽天のカー用品、パーツ市場」にリンクします。

ロードスター用サスペンションパーツ(ローダウンスプリング、車高調)

ロードスター用車高調整キット

ロードスターの燃料パイプのカバー
ロードスターの燃料パイプ
ロードスターのリヤ側アッパーマウント

NAロードスター用のマツダスピード車高調をオークションで入手しました。
25,000km使用した中古品です。
サスペンションキットは消耗品なので、できれば1万km以下の物が欲しかったのですが、オークションでどうせ更新されるだろうと思って入札したら落札してしまいました。(汗)
もしかして、早まってしまったかも?
NA用のアッパーマウントではNBに取り付けできないので、苦労してNBのアッパーマウントを改造して組み換えました。
サスキット交換を自分でやるのは初めてで、ひとりでやるのは心細かったので、会社の後輩に助手を頼んでふたりでやりました。
今回はアッパー&ロアーアーム分断方法で行いました。
まずは、簡単といわれるリヤ側からです。
安全のために車体をジャッキアップして自作のウマに載せます。
緩めるボルト類は非常に固く締まっているので、各部にCRCをたっぷりかけておきます。
トランク内の内装はこのようなピンで止められています。
中央の部分を少し持ち上げると、全体が引き抜けます。
左端の小物入れは+ビスを緩めてはずします。

NBマツダロードスターの車高調

こちらは右側で、アッパーマウントのナット(14mm)を緩めます。
ディ−プソケットが必要という人がいますが、私のソケットレンチセットではOKでした。
それほど固く締まっていませんでした。

左側には給油口からのパイプの保護プレートが有ります。
ボルト3本で止まっているのではずします。

左側は燃料パイプとエアー抜き用パイプがあって上側も狭いので、あらかじめ工具をあててみて作業ができるかどうか確認しておいた方が良いです。
今回はパイプを外さなくても何とかギリギリできました。

スタビライザーのジョイント(下側)を外します。
ナットを回して緩めますが、かなり固くて、なかなか緩みません。
ラチェットをハンマーでたたいてやっと緩みました。
その後ナット回すと、ボルトも回ってしまいます。
ボルトの先に六角レンチの穴があるので、六角レンチを差し込んでナットを回してはずします。

次に、ショック下端のボルト(17mm)を緩めます。
これも固くて緩まないので、ソケットレンチをハンマーでたたいて、バキッという音とともに緩みました。
このボルトは少し緩めてもはずれないので、ぐるぐる回す必要があります。

次にアッパーアームとナックルのジョイントを外します。

ボルトを外したら、緩めておいたアッパーマウントのナットをはずします。
ロアアームを足で軽く踏むと、ショックがはずれます。
この瞬間、妙に感動を覚えます。

いよいよ、車高調を取り付けます。
この時、注意しなければならないのが、ショック下端のボルト通し穴とアッパーマウントの2本のボルトが平行になるようにアッパーマウントを組み立てます。
そうでないと取付けできません。
まず、アッパーマウントのナットを仮締めします。
ロアアームの下にジャッキをあてて持ち上げて、高さを調整してスタビリンクを本締めします。
ショック下のボルトを仮締めします。
アッパーアームとナックルを仮締めします。
車体がウマからほんの少し浮くまで、ジャッキを上げます。(画像はフロント側)
これでサスペンションが車体を支えている状態になったので、仮締めしていたところを本締めします。
サスやアームが吊り下げられた状態では、ブッシュが本来の状態よりも伸びているので、この状態で本締めしてしまうと、車重がかかった時にアライメントが微妙に狂ってしまうからです。
そこまで気にする必要は無いかもしれませんが。
リヤ側が完成しました。

ロードスターのジャッキアップスタンド
ロードスターのトランク内装
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る
ロードスターのスタビリンク
NB2ロードスターのリヤサス
ユーノスロードスター
ロードスターのリヤサスペンション
ロードスターのマツダスピード車高調
ロードスターの車載ジャッキ
ロードスターの作業用イス

今回のような作業をするのには、このようなコンテナを台にして座ってやると、腰や足が痛くならなくて非常に良いです。
お風呂で使うイスでもいいでしょう。

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ