はずし方は、まずマイナス端子(車体後方側)をはずしてから、プラス端子をはずします。
ゴムホースをはずします。
固定金具のボルトをはずします。
これでバッテリーをはずせます。
結構大きくて重たいです。
バッテリーの下には、四角の受け皿がありますが、そのまま使います。
端子は、はずしたときとは逆にプラスを先につないでから、マイナスをつなぎます。
ゴムホースと固定金具を元に戻して終了です。
バッテリーを外すとメモリーがリセットされてしまうので、時計とラジオの選曲をセットします。
また、走り出して10分くらいはエンジンのコンピューターが学習するため、アイドリング時の回転が少し低めになります。
これで、安心して冬を迎えられそうです。

+端子に傷があったので、ヤスリで修正しました。
端子はたぶん鉛製なので、とてもやわらかいです。

ロードスターのバッテリーは専用品のため高価なので、程度が良い中古品を探しました。
某ヤフオクで2年間使用した中古品をゲットしました。
本体は2800円、送料は1800円、振込手数料198円で合計4798円になりました。
ラベルに印字してあるLot Noは060710Wなので、2010年7月6日製造品だと思われます。

NBロードスターのバッテリー
ロードスターのバッテリー

NBマツダロードスターのバッテリー

楽天市場ロードスター用バッテリー

日本最大級の通販オンラインショップ「楽天のカー用品、パーツ市場」にリンクします。

「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

NBマツダロードスターのモディファイ

私のロードスターのバッテリーは、4年間使用した中古品を2年くらい使っています。
NBロードスターのバッテリーは、前後の重量配分を50:50にするため、エンジンルームではなく後ろのトランク内の右端にあります。
そのためエンジンルームにある通常のバッテリーよりも熱の影響を受けないので長持ちします。
それでも6年間使っているので、冬の寒さが厳しい朝のエンジン始動が心配になってきました。

バッテリー交換(NBロードスター)

AUTOWAYならタイヤ代を節約できます!!ぜひ一度アジアンタイヤをお試しください