ロードスターのタイヤのバルブ

NBマツダロードスターのタイヤ交換
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

楽天市場ロードスター用パーツ(見たいパーツをジャンル別に表示できる)

ロードスタータイヤ交換PS−91

前回ロードスターのタイヤを交換してから2万キロくらいは走って、かなり摩耗したので交換することにしました。
前のタイヤはインドネシアのアキレス社のATRスポーツというスポーツタイヤでした。
今回はそのタイヤの後継モデルで、PINSO PS−91というものです。
メーカーによると「スポーツ走行を想定して設計され、安定したグリップ力とコーナリング性能を発揮します。 ATR SPORTよりもグリップが良く、ノイズが少ない」そうです。
価格は   4670×4=18680
       送料      2000
      -----------------------
       合計      20680円      
です。
タイヤの交換工賃と処分代は、マツダのディーラーで4200円でした。
ホイール&タイヤはクルマからはずして持って行ったので、ホイール&タイヤをクルマから脱着する工賃は含んでいません。
ディーラーはタイヤを脱着する機械やバランスをとる機械は持っていないので、近くのタイヤショップに持ち込んで交換しています。
総合計  24880円でできました。
タイヤの価格は少し値上がりして5280円/本になっています(2011年5月4日現在)
国内メーカーのスポーツタイヤは1本9000〜9500円くらいするので、19000円くらい安く交換できました。
約半額です!!
肝心の性能ですが、久しく国産タイヤを使っていないので正確ではないかもしれませんが、あまり大きな違いはないと思われます。
ウエット路面でのグリップは少々低いので無理は禁物ですが、ドライ路面ならばグリップ性能はまずまずで、乗りごこちも良く、ロードノイズは少なめです。
私はステアリングを切った時のレスポンスは鋭い方が好きなので、空気圧を2.5kg/cm2に高くしてあります。
価格を考えれば十分に満足できる性能だと思います。
実はタイヤを交換してから3週間くらい保管した後でクルマに取り付けたのですが、4本の内1本だけ空気圧が1.5kg/cm2に下がっていました。
1本だけ極端に低くなっているのはおかしいと思いつつも、空気を入れて取り付けて走っていました。
1週間後気になって調べてみると、そのタイヤだけが1.4kg/cm2に下がっていました。
バルブのゴムが古くなって劣化してエアーが漏れているのではないかと思いました。
バルブの根元に水をかけてしばらく見ていると、小さな泡がでてきたので間違いありません。
近くのタイヤショップで見てもらうと、バルブはそれほど古くないとの事でしたが、どうしようもないのでタイヤを外してバルブを交換してもらいました。
するとなんと、ホイールの穴とバルブの間に白い細い糸が挟まっていたそうです!!
たぶんタイヤを交換した時にバルブも交換して、その時に糸が挟まったのだと思います。
せっかく安くタイヤ交換ができたのに、1575円も余計な工賃を払ってしまいました。(涙・・・)
今回のタイヤは下に広告があるAUTOWAYという通販サイトで購入しました。

ロードスター用排気系パーツ(マフラー、センターパイプ、エキマニ)

NBマツダロードスターのモディファイ

タイヤ交換(インドネシア アキレス社PINSO PS−91)