配線の接続ピンをコネクターからはずします。
接続ピンはコネクターに差し込むと爪が引っ掛かって外れないようになっています。
小さなマイナスの精密ドライバーで外側から爪を押しながら接続ピンを引き抜きます。

大森電気式水温計
ロードスターの大森水温計
NBマツダロードスターの水温計
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

NBマツダロードスターのモディファイ

もうひとつの原因は、接続ピン(メス側)とピン(オス側)の接触が弱いことが考えられます。
メーター本体のコネクターはオス側ピンになっています。
配線のメス側接続ピンには、中に入ってきたピンをしっかり接触するために、両側に板バネのような爪があります。
この爪がへたっていると、接触不良になります。
小さなマイナスの精密ドライバーで外側から爪を押して内側に少し曲げます。
あまり強く押すと爪が折れるので、加減が必要です。
これで直るはずなので、しばらく様子を見てみます。

コネクターは10ピンのタイプで、下側にロック用の爪があります。
爪を押しながら引き抜きます。
配線は6本あります。
配線をコネクターから外す前に、コネクターのどの位置に何色の配線がつながっているか書き留めておきます。

新品で購入した大森の電子式水温計ですが、1年くらい過ぎた頃から、時々急に110℃以上を指したりするようになってしまいました。
裏側に接続してあるコネクターにつながっている配線部を手で上下に曲げると、すぐに直る状態です。
実は前に同じ大森の電子式水温計の中古品を使っていたのですが、同じ症状が出たのであきらめて新品を購入したのです。
前の物は中古品なのでしかたないと思いましたが、今回は新品なのでがっかりです。
症状からすると本体の故障ではなく、コネクター部の接触不良のようです。

接触不良の原因のひとつは、接続ピンのかしめが弱いことが考えられます。
圧着工具の先端部を使って、左右と上下方向にかしめます。

大森水温計の修理(NBマツダロードスター)

AUTOWAYならタイヤ代を節約できます!!ぜひ一度アジアンタイヤをお試しください

楽天市場メーター類(水温計、油圧計他)