手が足にあたらないように、もう少し外径が小さなステアリングが欲しくなりました。
モモのベローチェレーシング34cmに交換しました。
型式はV35ですが、外径は34cmです。
外径やデザイン、グリップの位置など、とても気に入っています。
でも、ひとつだけ気に入らない所があります。
それは握る部分のみが太くなっているので、ステアリングを回した時に違和感が有ります。
グリップは楕円形で直径は幅24で奥行き35mmです。
私は均一な太さでもう少し太い方が好みです。

NBマツダロードスターのモディファイ

ステアリング交換いろいろ

ロードスターのモモステアリング

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ

ロードスターのナルディーステアリング
モモステアリング モデナ2
ロードスターのステアリング
NBロードスターのステアリング交換

「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

楽天市場ステアリング

楽天市場ロードスター用ステアリングボス

日本最大級の通販オンラインショップ「楽天のカー用品、パーツ市場」にリンクします。

モモベローチェレーシング
モモ ステアリング コンペティション

ステアリングは常に手に触れる重要なパーツなので、私はかなりこだわりを持っています。
今までに使ってみた物を紹介します。
まずこれは純正のナルディー本革巻きで、エアバック付きです。
エアバック付きとしては、デザインは良い方だと思います。
グリップは結構太めで、外径は約36cmで少し大きいです。
グリップ内側のステッチ(縫い糸)の手触りが少々ザラザラした感触で、私の好みではありません。
私は身長が179.5cmですが、ステアリングを回した際に、手が太ももにあたるので、そのような時は両足を広げていました。(笑)

長年ベローチェを使っていたので、気分転換に以前ファミリア4WDターボに乗っていた時に使っていた事がある、ナルディーのクラシック36cmに交換する事にしました。
以前使っていたものはオークションで売却してしまったので、またオークションで中古品をゲットしました。(笑)
売らないで保管しておけば良かった。(涙)
結構程度が良い物で、4800円でした。
リングとホーンボタンも別に中古品をゲットしたので、総額7300円になりました。
外径は36と言われていますが、実測すると35.5cmです。
グリップは少し細くて、楕円形で直径は幅26.5で奥行き31.5mmです。
クラシックはデザインはとても良いのですが、握る位置がスポークの関係で、私の好みよりも少し上になってしまいます。
このグリップ位置では、激しいコーナリングの時にステアリングをしっかりと保持する事ができません。
私の場合は操作性に少し問題があります。

これはモモのプロトティーポです。
スポークにある丸い穴が古いスポーツカーの雰囲気を出していて、ロードスターにはベストマッチングでしょう。
ナルディークラシックと同様で、握る位置が私の好みより少し上になりますが、クラシックよりは少し下になります
握る位置があと指1本分下ならばばっちりなのですが、操作性は問題ありません。
外径は348mmでグリップ径は幅30mm、奥行き30.5mmでほぼ真円で、細すぎず太すぎずちょうど良いです。
グリップの奥側の形状はよくある波型ではなく、フラットです。
私はこのフラットなグリップ形状の方が好みです。
革の表面は平らでなめらかなので、握った感触は良いです。

これはモモのベローチェレーシングのようですが、詳しい事はわかりません。
よくあるベローチェは握る部分だけが太くなっていますが、これは均一な太さで、裏側が波のような形状になっています。
最近のタイプは握る部分だけが太くなっていますが、このタイプは少し古い物のようです。
オークションで1600円で落札できたのですが、よくよく見てみると、なんと!!本革ではなくてウレタンのような材質でした。
まさかモモのステアリングが本皮でないなんて、思いもよらなかったのでショックでした。(涙)
裏にMOMOの刻印がありますが、モモ製ではないかもしれません。
外径35cmで、グリップ径は31mmでちょうど良い太さなので、本革でなくて残念です。

これはモモのモデナ2です。
型式はD35ですが、外径は34.5cmです。
グリップは楕円形で直径は幅25.5で奥行き32.5mmです。
均一な太さなのはいいのですが、もう少し太ければ良かったです。
外径はちょうど良く、デザインもシンプルで好感が持てます。
手を握る位置が自由度が大きいので、とても使いやすいです。
これでグリップがもう少し太かったら、私の理想にピッタリでした。

これはモモのコンペティションです。
型式はD35ですが、外径は34.5cmです。
グリップは楕円形で直径は幅31で奥行き36mmです。
ちょっと太すぎるので、もう少し細いと良さそうです。
グリップは真円で外径32mmくらいが良いと思われます。
手を握る位置が自由度が大きいので、使いやすいです。
左右スポーク上部の革の盛り上がりがごついのと、グリップのモモの大きな文字が派手すぎるのが欠点でしょうか。
理想的なステアリングを見つけるのは、なかなか難しいですね。

MOMOコンペティション
モモ ベローチェレーシング

MOMOの刺繍の文字が派手で目立ちすぎるので、刺繍を取る事にしました。
NTカッターの刃を革と糸の間に差し込んで、革に傷をつけないように注意しながら、外側へ向けてカットします。
ところが、刺繍はかなり細かく(5mmくらい)縫ってあるので、きれいに取るのは至難のわざで相当な時間がかかることがわかりました。(汗)
左端のMの文字の左半分をやっただけで1時間くらいかったので、あきらめました。(涙)
このままでは、あまりにもかっこわるいので、油性マジックで黒く塗りつぶしました。
あまり目立たなくなったので、とりあえず良しとします。

かなり前からモモのベローチェレーシングで、握る部分のみが太くなっていないタイプを探していたのですが、最近はこのタイプは作っていないのか、なかなか見つかりませんでした。
あきらめかけていた時に、やっと某オークションでゲットできました。
外径は34.8cmです。
グリップは楕円形で直径は幅28で奥行き30.5mmです。
もう少し太い方が私の好みにピッタリですが、贅沢はいえません。
内側のステッチは赤色で、手触りは少しざらざらします。
革の表面はなめらかで、手触りは良い感じです。

モモ プロトティーポ