NBマツダロードスターのモディファイ

後ブレーキパッド交換(曙ブレーキ工業)

NBロードスターのブレーキパッド交換
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

楽天市場ロードスター用ブレーキパッド

日本最大級の通販オンラインショップ「楽天のカー用品、パーツ市場」にリンクします。

後で書くピストン戻し用アジャストスクリューのメクラボルト(17ミリ)を外しておきます。
このボルト(矢印部)はキャリパーボディーの裏側にあって、単なるフタです。
はずすためにはキャリパーが固定されていた方がやりやすいので、キャリパーのボルトを外す前に外しておきます。

ボルトをはずすと、キャリパーは簡単に上に持ち上がります。
キャリパーの下にジャッキなどを入れて支えると、ちょうど良い高さに調整できて作業がしやすいです。
パットは少しこじると簡単にはずれます。

上が曙ブレーキ工業のスタンダード新品パットで厚さが8mmあります。
下がはずしたパットで残り5mmありました。
残量警告金具がローターに当たるまで、あと2mmくらいは使用できました。

新しいブレーキパットを取り付けるためには、ピストンを戻す必要があります。
磨耗して薄くなったパットの代りに、新品の厚いパットを入れるためです。
ピストンを戻すのですが、ロードスターはこの機構が少し特殊で、14ミリボルトの奥にあるアジャストスクリューを六角レンチ(4mm)で回します。
アジャストスクリューを反時計方向に回してピストンを戻すのですが、固着していて全然回りませんでした。
左側ブレーキはすんなり回りましたが、右側はまったく回りません。(汗)
六角レンチをプライヤーでくわえて強く回したら、ネジ部をなめてしまいました!!
しかたがないので、なめてしまった先端のネジ部をサンダーで削り落としてヤスリで仕上げて、もう一度回しましたがやはり回りません。
ピストンにねじ込んであるアジャスタースピンドルが固着しているのが原因と思われるます。
そこでアジャストスクリューを六角レンチで固定しながら、ウオーターポンププライヤーでピストンを回してみました。
するとピストンが回ったのでかなり戻してから、六角レンチを回してみたら、何とか調整できるようになりました。
パットを交換してキャリパーを元に戻します。
ただし、このままの状態ではピストンとブレーキパットが密着していないので、パットの当たり調整をします。
アジャストスクリューを時計方向に回して、ピストンがパットにあたるまで締め付けます。
その状態から1/3回転(120度)戻せばOKです。
この状態で手でローターを回せて、サイドブレーキを引くと手で回せなくなる事を確認します。
フットブレーキを数回踏んで、正常に効く事を確認して作業終了です。

ロードスターを新車で購入して67,700km走って、そろそろ後ブレーキパッドの交換時期なので交換することにしました。
以前に2回、走行距離とパットの厚さを調べたので、
71,600kmくらいが交換時期なのはわかっていますが、少し早めに交換します。
後ブレーキはパーキングブレーキを兼用しているので少し特殊です。
ジャッキアップしてタイヤ&ホイールをはずします。
サイドブレーキを戻す必要があるので、安全のために車体をなんちゃってジャッキアップスタンドに乗せます。

ロードスターのジャッキアップ
ロードスターのブレーキピストン
ロードスターのリヤブレーキ
ロードスターのブレーキパット交換
ロードスターのブレーキパット
ロードスターのブレーキ調整
ロードスターのリヤブレーキ
ロードスターのアジャストスクリュー
ロードスターのブレーキフルード

キャリパーは裏側の1本のボルト(矢印部)で固定されています。
ボルトの頭にはプラスチックのキャップがかぶせてありますが、手ではなかなかはずれないので、ウオーターポンププライヤーでこじってはずしました。
このキャップはキャリパーについているゴム部品の内側にパチンとはまるようになっています。

ピストンを戻すとブレーキフルードがあふれてしまうので、事前にフルードをある程度抜き取っておきましたが、ほんの少ししか増えませんでした。
リヤブレーキのピストンは直径が小さいからでしょう。
作業が終わってからMAX量に調整します。

これがピストンのあたりを調整する時に回すアジャストスクリューです。
アルミ製なので強い力で回すとギヤをなめてしまうので注意が必要です。
リヤブレーキの詳しい構造はこちらで説明していますので、見てください。

タイヤ通販の終着駅 AUTOWAY