NBマツダロードスターのモディファイ

フロントブレーキパッド交換(曙ブレーキ工業)

NBロードスターのブレーキパッド交換
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

楽天市場ロードスター用ブレーキパッド

日本最大級の通販オンラインショップ「楽天のカー用品、パーツ市場」にリンクします。

ロードスターを新車で購入して65,160km走って、そろそろブレーキパッドの交換時期なので交換することにしました。
以前に2回、走行距離とパットの厚さを調べたので、
66,000kmくらいが交換時期なのはわかっていました。
ブレーキパットはかなり前にオークションで4,000円の前後セットを見つけて、落札した物です。
曙ブレーキ工業のスタンダードタイプです。
このメーカーはあまり知られていませんが、国内メーカー新車の純正装着パットのシェアが40%以上で、F1のマクラーレンメルセデスチームにブレーキシステムを供給しているので、品質は問題なさそうです。

リヤはあと6,000kmくらい使えるはずなので、フロントのみ交換します。
ジャッキアップしてタイヤ&ホイールをはずします。
ステアリングを少しきって作業しやすい向きにします。
キャリパーは裏側の2本のボルト(14ミリ)で固定されています。
このボルトは17ミリのボルトにネジ込んであるので、17ミリのボルトにスパナをかけて固定しながら緩めます。

上側のボルトのみをはずして、キャリパーを下側へ回転させます。
ブレーキホースに無理な力がかからないように、下を何かで支えます。

パットはこじりながら引っ張るとはずれます。

新品の厚いパットを入れるためには、ピストンを押し戻す必要があります。
ピストンに傷をつけないため、はずしたパットをあてて、ウオーターポンププライヤーを広げて押し戻します。

上が内側のパットで残り2.4mm
下が外側のパットで残り4.25mmで、内側の方が減っています。
内側はブレーキのピストンがある側です。
内側はちょうど要交換時期でした。

上から
純正の外側パット
曙製新品パットで厚さ9.7mmあります。
純正の内側パット
曙製新品パット
です。
内側のパットはかなり減っているのがよくわかります。

ロードスターのジャッキアップ
ロードスターのフロントブレーキ
ロードスターのブレーキキャリパー
ロードスターのブレーキパット
曙ブレーキパット
ロードスターの前ブレーキパット
ロードスターのブレーキ金具
ロードスターのブレーキ
ロードスターのブレーキマスターシリンダー
ロードスターのブレーキパット交換

キャリパーサポートのパットの両端部には薄いステンレスの板を複雑に曲げた部品が付いています。
パットを固定していて、パットが動く際のガイドレールの役割をしています。
この部品ははめ込んでいるだけなので、こじるとはずれます。

ピストンを押し戻すとブレーキフルードがあふれてしまうので、事前にフルードをある程度抜き取っておいて、作業が終わってから適量に調整します。
フルードを抜き取るには、オイル差しがGoodです。

ブレーキパットの背面にはバックプレートついています。
バックプレートとブレーキパットの間に鳴き防止のためにブレーキグリスを薄く塗布します。
あとはキャリパーボディーを戻して、ボルトを締め付けます。
ただし、このままの状態ではピストンとブレーキパットが密着していないため、ブレーキがすぐに効かなくて危険です。
何度もブレーキを踏んでピストンを押し出します。
異常がなければタイヤ&ホイールを付けて、試運転します。
ディスクプレートの表面は少し凹凸があるので、平らなパットがなじむまで少しの間効きが悪いと思っていましたが、10回くらいブレーキテストをすると、正常な効き具合になりました。

AUTOWAYならタイヤ代を節約できます!!ぜひ一度アジアンタイヤをお試しください