NBマツダロードスターのモディファイ

ミッションオイル交換(NB2ロードスター)

NBロードスターのミッションオイル交換
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

前回、ロードスターのデフオイルとミッションオイルを交換してから、17,000km走行したので、交換する事にしました。
ミッションオイルはBPのスーパーギヤ75W90 GL5で2Lで2,380円です。
前回はマツダディーラーで交換しましたが、今回は自分でやろうと思ってジャッキアップしてウマに載せました。
デフオイルは車体の後端なので簡単にできましたが、ミッションオイルは車体の完全に下で作業するので、大変そうです。
交換する為には車体補強のためのメンバーブレースを2個はずす必要があります。
車体はジャッキアップスタンドに載せていますが、スペースが非常に狭いため力が入らなくて、ボルトがかなりきつく締められているので、メンバーブレースをはずす事ができませんでした。
しかたがないので、オート○ールズという店に交換を依頼しました。
オイルは同系列の別の町にある店で購入した物ですが、事情を話したら、ここの店でオイルを買った場合の工賃
1,050円でやってくれました。
ラッキーです。自分でやると大変な作業なので、頼んだ方が良さそうです。
ジャッキアップしたら矢印部のメンバーブレースを2個はずします。

まず、メンバーブレースを1個はずします。
ボルトがかなりきつく締まっているので、インパクトレンチではずしました。

次に、ミッション下部の鉄板カバーをはずしました。
カバーの上面には黒いシートが張ってありました。

ミッション本体が良く見えるようになりました。

抜いたオイルはそれほど汚れていませんでした。

ロードスターのジャッキアップ
ロードスターのメンバーブレース
ロードスターの車体下補強
ロードスターのミッション下カバー
ロードスターのミッションオイル交換
ロードスターのミッション
ロードスターのミッションオイル
ロードスターのドレンボルト
ロードスターのミッションオイル交換
ロードスターのオイル交換

下のボルトの先端にマグネットが埋め込んであって、はずした時には鉄粉が少し付いていました。

下のボルトをゆるめてオイルを抜きます。
上のボルト穴から新しいオイルを入れて、穴からオイルがあふれてきたら、規定量(2.0L)入った事になります。

上のボルト穴に給油器のホースを差し込んで、オイルを入れます。

青いケースは廃油を入れるタンクです。
オイルを受ける受け皿の高さが、変えられるようになっています。
オレンジ色の物が手でレバーを押して、オイルを圧送する物です。
ミッションオイルはあまり汚れていませんでしたが、実際に走ってみると1速から2速にシフトアップする時に、引っかかる感じが少なくなってスムーズに入るようになりました。
効果を実感できたので、大満足です。

楽天市場オイル類、フルード類、フィラーキャップ、オイル添加剤、その他

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ

自動車保険