NBマツダロードスターのモディファイ

φ60大森メーター電子式水温計取付け(NB2ロードスター)

NBロードスターの電子式水温計
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

無いものは無い!!何でも揃う日本最大級オンラインショップ

作業はまず、トランクにあるバッテリーのマイナス端子をはずします。
センサーは、エンジンから室内のヒーターユニットへクーラントが流れているヒーターホースにアタッチメントを割り込ませて取り付けてあります。(矢印部)
ペンチでホースバンドを広げて左へずらして、ヒーターホースをはずします。
回転方向に少し回せば、割りと簡単にはずれます。
アタッチメントのエンジン側のホースバンドをゆるめて、ホースからアタッチメントをはずします。
センサーを新品に交換します。
センサー取り付けの際、ネジ部にシールテープを巻いてねじ込みます。

古い配線をはずして、新品の配線を室内に引き込みます。
アクセルペダルの上部にあるゴムのブッシュに、カッターで十字型に切込みを入れてあるので、同じように配線を通しました。

次に水温計本体の取り付けです。
ステアリングコラムの上側をはずします。
上からはめ込んであるだけなので、両端を内側へ押しながら持ち上げるとはずれます。
メーターフードをはずします。
左右下部がつめで引っ掛けてあるので、そこを上に持ち上げてはずしてから、メーターフード全体を手前に引いてはずします。
メーターアッシーの裏側の右から左へハーネスを通します。

メーターフードを取り付けます。
自作したブラケットにタイラップ2本でメーターが固定してあるので、はずして同じ方法で新品の水温計を取り付けました。
水温計のハーネスを接続します。
ステアリングコラムを取り付けます。
ステアリングを取り付けます。

電源の取り出しは、ミニ平型ヒューズ電源を使います。
運転席の右ひざあたりにあるヒューズボックス内のヒューズをはずして、代わりに差し込むだけで簡単に電源を取れる優れものです。
取り付ける向きは、線が出ている方をプラス側にします。
NBロードスターは左側がプラスなので、線が出ている方を左にして差し込みます。
黄色線(ハーネスの赤線)のアクセサリー電源はCIGAR 20A(シガーライター)から取ります。
青線(ハーネスの白線)のイルミネーション電源はF.FOG 15A(フロントフォグランプ)から取ります。
黒線のアースはワ型端子を圧着して、ヒューズボックスの右下のビスに固定します。
バッテリーのマイナス端子をつなぎます。

エンジンをかけて、クーラントの漏れがないか、ポジションライトで照明がつくかを確認します。
サイズがφ52からφ60に少し大きくなったので、見やすくなりました。
この水温計だけ他と違ってブラックですが、ワンポイントになってこれはこれで渋くて良いです。
これで、正確な水温を把握する事ができて、安心して走れます。

楽天市場メーター類(水温計、油圧計他)

大森電子式水温計
大森水温計の裏側
大森水温計のハーネス
水温計センサーのアタッチメント
大森メーター水温計ハーネス
水温計メーター配線
水温計センサーの配線通し場所
大森電子式水温計取り付け
水温計の電源取り出し
電子式水温計の取り付け方

私のロードスターはヤフオクで入手したφ52の大森電子式水温計の中古品を取り付けていますが、最近異常が出るようになってきました。
1月に取り付けて6月末までは正常だったのですが、7月に入って暑くなってきてからおかしくなりました。
普通に走っていて95℃位を表示している時に、いきなり振りきって120℃を指したり、102℃を指したりします。
いったん異常になってもしばらくすると直ります。
毎日通勤で片道20分走っていますが、2〜3日に一度くらいの頻度で発生します。
原因はセンサーかメーター内部の接触不良かもしれません。
これからのもっとも暑い時期に、正確に表示してくれないと意味がありません。
そこで、今度はヤフオクで新品未使用(スタンド付き)を7,000円でゲットしました。
φ60の大森電子式水温計です。
シンプルでクラシカルな(やぼったい?)大森メーターが私の好みです。
このタイプはボタンを押すとピーク値を表示する機能と、設定した温度になると警告ランプを表示する機能がついています。
警告ランプを表示する温度を設定するためには、後面のセレクトスイッチを「設定」にして、「調整」シールをはがして精密ドライバーでボリュームを回すと指針が動くので、それを見て102℃に合わせました。

配線は前の物よりコネクターが減っていてシンプルになっています。
センサーのコネクターは前の物は4Pでしたが、今回の物は2Pです。

配線はバルクヘッドにそって左側へ這わせます。

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ