NBマツダロードスターのモディファイ

DIYでエンジンオイル、フィルター交換(NB2マツダロードスター)

NBマツダロードスターのオイル交換
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

前回、車検の時にマツダのディーラーでロードスターのエンジンオイルを交換してから5,500km走ったので、結構汚れてきました。
今回は、エンジンオイルだけでなく、オイルフィルターも自分で交換する事にしました。
オイルはカストロールのマグナテック10W−40 4リッター缶で部分合成油です。
カー用品店で通常4,300円くらいの物がセールで
2,980円になっていたので、購入しておいたものです。
廃油の処理は4.5リットル用の廃油入れ(245円)を使います。

まずは、パンタグラフ式の車載ジャッキでフロント側を持ち上げて、ジャッキアップスタンドに載せます。
今回はオイルフィルターも交換するので、右前輪をはずしておきます。

まず、ドレンボルトを緩めますが、かなりきつく締まっていて緩みません。
ネガネレンチをボルトに取り付けて、反対側の先をハンマーで軽くたたいて緩めました。
ボルトが緩んだら、廃油入れを下においてからボルトをはずします。
受け皿を使わなくても、直接廃油入れにオイルを入れられます。
それから、フィラーキャップをはずします。
フィラーキャップを始めにはずしておくと、ドレンボルトをはずした時にオイルが勢いよく落ちてくるので、後ではずした方が良いです。

ドレンボルトを取り付けたら、クルマをジャッキアップスタンドから下ろして水平にします。
ぺットボトルの上部分をカットしたじょうごを使って、新しいオイルを入れます。
2/3くらい入れたら、レベルゲージで確認しながら少しずつ入れていきます。
入れたオイルが下のオイルパンまで落ちるのに少し時間がかかるので、1分くらいしてからゲージをチェックします。
レベルゲージのFまで入れます。
フィラーキャップを締めて、エンジンをかけて、漏れがないことを確認して作業完了です。
走ってみると、エンジンの回り方が少し滑らかになったような気がします。

ロードスターのオイル交換方法
ロードスターのジャッキアップ
ロードスターのオイルドレンボルト
オイルフィルター
ロードスターのオイルフィルター
オイルフィルターレンチ
ロードスターのオイルフィルター
ロードスターのオイルエレメント
ロードスターのオイル交換

次にオイルフィルターをはずすのですが、手を入れる場所がとても狭いです。
フィルターはインテークマニホールドの下にあります。
フィルターレンチを準備していましたが、あまりにも狭くて使えそうに無いので、奥の手を使います。
上からフィルターの上部に鉄棒をあてて、ハンマーでたたいて少しへこませます。
そして前方からそのへこみに鉄棒をあてて、ハンマーでたたいてフィルターを回して緩めます。
でも、うまく緩みませんでした。

しかたがないので、フィルターレンチを何とか取り付けて、取っ手部分を上から鉄棒で押したり、ホイールハウスから手を入れてなんとか緩める事ができました。

フィルターには穴とへこみができていて、苦労のあとが刻まれました。(笑)

エンジンのインテークマニホールドの下です。
ホイールハウスから見た所です。
フィルターをはずした状態です。

シルバーの部品がフィルターです。
今回用意したフィルターレンチは複数のサイズに使える物だったため、枠の部分が動いてしまって、狭い場所で手探りでフィルターに取り付けるのに非常に苦労しました。
1つのサイズ専用のカップ式で、ソケットレンチで回せるタイプで、ホイールハウスから作業をすれば、もっと簡単にできそうです。
フィルターの取付はOリングにオイルを塗って、手でねじ込みます。

オイルフィルターレンチ

今度オイルフィルターを交換する時に簡単に交換できるように、1つのサイズ専用のオイルフィルターレンチを購入しました。
サイズは68で21mmのラチェットレンチまたは、9.5角穴のソケットレンチで回すことができます。
これでホイールハウスから作業をすれば、もっと簡単にできそうです。
スペースが非常に狭いので、画像のようなラチェットレンチがやりやすいと思います。

楽天市場オイル類、フルード類、フィラーキャップ、オイル添加剤、その他

AUTOWAYならタイヤ代を節約できます!!ぜひ一度アジアンタイヤをお試しください