私のロードスターはMOMOのベローチェ35cmに交換してあります。
外径やデザイン、グリップの位置など、とても気に入っています。
でも、ひとつだけ気に入らない所があります。
それは握る部分のみが太くなっているので、握った感じに違和感が有ります。
私は均一な太さでもう少し太い方が好みです。
そこで、気分転換に以前使っていた事がある、ナルディーのクラシック36cmに交換する事にしました。
以前使っていたものはオークションで売却してしまったので、またオークションで中古品をゲットしました。(笑)
売らないで保管しておけば良かった。(涙)
結構程度が良い物で、4800円でした。

NBロードスターのステアリング交換

「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

NBマツダロードスターのモディファイ

ステアリング交換(ナルディークラシック)

楽天市場カー用品、パーツ市場(ステアリング)

日本最大級の通販オンラインショップ「楽天のカー用品、パーツ市場」にリンクします。
ロードスター用のボスやステアリングがたくさんあります。

ロードスター用ステアリングボス、ハンドルカバー

トランク内バッテリー
ロードスターのモモステアリング
モモ ベローチェ ステアリング
ナルディーステアリング
ロードスターのナルディークラシック

ステアリングのホーンには常時電源がきているので、念のためにバッテリーのマイナス端子(右側)をはずします。

ホーンは手前に引くと簡単にはずれます。
ホーンの配線の端子をはずします。
皿ビス6本をはずすとステアリングがはずせます。

ステアリングボスにはモモ用とナルディー用のネジ穴が空いているので、そのままナルディークラシックを6角ボルトで取り付けます。
6角ボルトはM5×15mmです。
今回ゲットしたステアリングには、ホーンボタンとボルトを隠すリングが付いていませんでした。
ホーンはモモ用の物を使います。
ステアリングの穴径よりもホーンの外径の方が少し小さいので、1mmくらい隙間があります。
でも、ホーンが少し出っ張っているので全然目立ちません。
リングが無いため取付ボルトが剥き出しなので、ワイルドでスパルタンな雰囲気になりました。(笑)

エアコンリングやシフトプレートのアルミと統一感があって、とってもスポーティーでいい感じです。
走ってみると、モモの握り部が太かったのでグリップがやけに細く感じます。
また、皮の表面がざらざらしていないので、つるつるしている感触です。
あと、しっかり握るのにはスポーク部のすぐ上を握るのですが、その位置が少し上過ぎます。
もう少し下の部分を握った方が、コーナリング中にしっかり押さえる事ができて良いのですが。
慣れてくれば使いやすくなると思います。
全ての面で気に入ったステアリングをみつけるのは、中々大変です。

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ