NBマツダロードスターのモディファイ

リヤブレーキローターの再塗装(NB2ロードスター)

楽天市場ロードスター用ブレーキパッド

日本最大級の通販オンラインショップ「楽天のカー用品、パーツ市場」にリンクします。

まずはジャッキアップしてタイヤ&ホイールをはずして、自作ジャッキアップスタンド(コンクリートブロックと木材)に載せます。
サイドブレーキを戻してフリーにします。
これは、手でローターを回せるようにするためです。
錆びを落とす時と塗装する時に、手で回せないとやりにくいからです。
ステンレスブラシでゴシゴシとこすって錆びを落とします。
雑巾を水で濡らしてしっかり絞って、錆びを拭き取ります。
乾くまでの間にマスキングをします。

ディスクローターとキャリパーははずさないで塗装します。
未使用カレンダーを使ってマスキングをします。
ローターのパット接触部は、ドーナツ状に切った紙をセロテープで外側から貼ります。
中央のバブボルト部は、筒状に丸めた紙をテープで内側から貼ります。
キャリパー部は平らな紙をテープで貼ります。
一度塗った後マスキングを剥がして、ローターを手で
120度くらい回して、再度マスキングしてキャリパーの内側を塗ります。
コツは一度に厚く塗らないで、薄く数回に分けて塗る事です。

楽天カー用品、パーツ市場(耐熱塗料)

フロントに続いて、リヤブレーキローターの塗装を行ないます。
ディスクローターの中央部分だけを塗装します。
フロントのローターはパットの接触面積を広くするために、ローターの内径ぎりぎりまで接触面にしているので、塗装部分がせまかったのですが、リヤのローターは接触面積がせまいため、中央の塗装部分が広くなっています。
そのため、リヤはフロントよりも錆びがとっても目立ちます。

NBロードスターのブレーキローター塗装
塗料はホルツの耐熱ペイント(600℃)シルバーです。
塗装面の外側は少し大きめに塗ります。
大きすぎた部分は、ブレーキをかけた時にパットがこすり取るので、きれいに仕上がります。

タイヤ&ホイールをつけると、ホイールのスポークの間から良く見えます。
リヤは塗装面が広いのできれいに塗ってあると結構目立って、とってもかっこいいです。
NBロードスターのオーナーでないと気が付かないかもしれませんが、満足度は高いです。
今回は丁寧に錆びを落としたので、3年くらいは錆びないでいて欲しいです。
ロードスターの定番モディファイになりそうです。

ロードスターのリヤブレーキ
ロードスターのディスクローター
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る
ロードスターのローター塗装マスキング
ロードスターのブレーキローター塗装
ロードスターのブレーキローター

AUTOWAYならタイヤ代を節約できます!!ぜひ一度アジアンタイヤをお試しください