NBマツダロードスターのモディファイ

4点式ロールバー取付け(メインアーチ取り付け編)

NBロードスターのロールゲージ
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る
電動ドリル
ロードスターのロールゲージ
ロードスターのロールケージ取り付け方
ロードスターのパンタグラフジャッキ
ロードスターのメインアーチ穴加工
ロードスターのロールバー取り付け部
ロードスターのアンダーコート
メインアーチ基部
メインアーチ取り付け
メインアーチのあて板

いよいよロードスターの車体に穴加工をします。
メインアーチ基部の穴加工は、カーペットを少しめくって行います。
本来のポンチが無いので、先端部を付け替えられるドライバーセットに付属している千枚通しのような、とがったピンを使います。
ピンを鋼板にあててハンマーで3〜4回たたくと、2mmくらいの穴があきました。
鋼板の厚さは1.2mmくらいしかないので、ちょっとびっくりしました。
あて板に穴加工した時にかなり苦労したので、簡単に穴があいたので拍子抜けしました。
φ5mmの下穴をあけてからφ10.5mmの穴をあけます。

運転席側

助手席側

後ろ側の2個は平らな面になりますが、前側は1個が低い面に、1個は斜めの面になりました

取り付け面をなるべく平らにする必要があります。
大きめなハンマーがあれば、コンクリートブロックに車体を載せてたたけば、かなり平らになると思いますが、プラスチックハンマーしかないので、あまり平らになりませんでした。
そこで、車載ジャッキで持ち上げて平らにしました。

運転席側

助手席側

あまりきれいに平らにはできませんでした。
やはり、大きいハンマーがあると良さそうです。
でも、ある程度のでこぼこは、あて板と基部をボルトで締め付ければ平らになると思います。

運転席側

助手席側

丁寧な人は下側のアンダーコートをはがしますが、私は面倒なのでしません。(笑)
取り付け面があまり平らでないので、アンダーコートははがさない方が水の浸入防止になって、良いのではないかと、良いほうに解釈します。
ボルトは頭を下側にして取り付けます。
逆にすると、下に出っ張りが大きくなるのと、ネジが変形してナットがはずせなくなるためです。

運転席側

助手席側

あて板の上と車体の上に、浴室用のシール剤をたっぷり塗ってボルトで仮締めします。
本締めするのは、メインアーチとリヤ斜行バーのジョイント部と、リヤ斜行バー基部の仮締め、本締めが完了してからです。
メインアーチよりもリヤ斜行バーの方が、取り付け位置が微妙だからです。

楽天市場ロードスター用電子パーツ(プラグコード、アーシング、リミッターカット、)

AUTOWAYならタイヤ代を節約できます!!ぜひ一度アジアンタイヤをお試しください

無いものは無い!!何でも揃う日本最大級オンラインショップ