無いものは無い!!何でも揃う日本最大級オンラインショップ

NBマツダロードスターのモディファイ

エアーインテークのメッシュ交換(NB2マツダロードスター)

ロードスターのフロントのインナーフェンダー
ロードスターのフォグランプ取り付け用穴
ステンレスメッシュ
ロードスターのエアーインテーク
ロードスターのエアーインテークダクト
ロードスターのフロントバンパー
NB2ロードスターのフォグランプ穴
ロードスターのエアーインテークダクト

NB2のロードスターでは、純正オプションのフォグランプが簡単に取り付けられるように、初めから穴が開いていて、フタでふさいでいます。
私はそのフタをはずして、アルミのメッシュを付けていますが、強度が弱いため少しくぼんできたのと、汚れて黒くなってきたので、交換する事にしました。
まずはジャッキアップして、タイヤ&ホイールをはずします。
ホイールハウス内の前側のインナーフェンダーをはずします。
タッピングビス3本(赤矢印)とボルト1本(オレンジ矢印)とピン5本(黄矢印)をはずせば、はずれます。
ピン5本は+ドライバーで少し左に回すと中央部分が浮くので、その状態でこじりながら引き抜きます。
取り付ける際は、中央部分を浮かせた状態で差し込んで、中央部分を押し込むとパチンとロックされます。

NBロードスターのエアーインテーク
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

アルミのメッシュとダクトはタイラップで固定してあるので、ニッパでカットしてはずします。
ダクトをタイラップで吊り下げて固定したときに、タイラップが手前にはずれないように矢印部をヤスリで削って溝を作っています。

今回はステンレスのメッシュシートを使います。
吊り下げる板を逃げるために、上部に切込みを入れて手前に折り曲げています。
4箇所の穴は+ドライバーを差し込んで、ラジオペンチの先端で広げました。

メッシュはタイラップで固定します。
ピンは少しテーパー状になっているので、奥から少し手前で締めてから、奥へ押し込むときつく固定できます。

ダクトはタイラップで上の板に縛り付けて固定します。
タイラップは1本では短かったので、2本つなげて使いました。
なるべくきつく締めます。

ステンレスなので、錆びる心配もなく、さりげなく光ってとってもかっこ良くなりました。

楽天市場ロードスター用オイルクーラー

AUTOWAYならタイヤ代を節約できます!!ぜひ一度アジアンタイヤをお試しください