楽天市場ロードスター用タワーバー、ロールバー

NBマツダロードスターのモディファイ

自作ブレースバー取り付け(NB2マツダロードスター)

日本最大級の通販オンラインショップ「楽天のカー用品、パーツ市場」にリンクします。

ロードスターのシートベルトアンカー
ロードスターのシートベルト取り付け部
ロードスターのシートベルト固定ボルト
ロードスターのブレースバー取付け方

ロードスターのボディー剛性を上げるパーツにブレースバーというものが有ります。
左右のシートベルトのショルダー部のガイドを固定するボルトに共締めする直線状のバーです。
NA型ロードスターでは、初期型のNA6CEにはありませんでしたが、マイナーチェンジでNA8Cになった時に追加されました。
その後NB型にモデルチェンジした時には、ボディー剛性が上がったためか無くなりました。
私のロードスターはNB型なので、効果はあまり無いかもしれませんが、自作すれば安くできるのでつけてみる事にしました。

NBロードスターのブレースバー
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

ショルダーガイドのカバーは、3個のつめで引っ掛けて固定されているので、外側へ広げるように引っ張ると簡単にはずれます。
17ミリのボルトで固定されています。

一番上にショルダーガイドがあって、その下に厚さの異なる4種類のカラーがあります。
上から5mm、7mm、9mm、20mmです。
一番下のカラーは下部につばが付いています。
カラーの下には、取り付け時にカラーがボルトからはずれないように、プラ板のワッシャーが付いています。

ブレースバーはホームセンターで見つけたステンレスのパイプを加工します。
直径19mm、厚さ1.0mm、長さ1810mmで575円でした。
まずは、金ノゴギリで長さ1200mmに切断します。
端部を万力でくわえてつぶします。
ボルトがM11なのでφ12mmの穴をあけます。
取り付けてみると、穴のピッチが少し広かったので、穴の内側を丸ヤスリで削りました。

ロードスターのショルダーガイドのカラー

ブレースバーは5mmと7mmのカラーの間に入れて取り付けます。

ブレースバーの厚さは約2mmなので、ボルトをそのまま使っても、長さが足りなくなる事はないでしょう。

取り付けて走ってみた感想ですが、ロードスターのリヤ周りのしっかり感がほんの少し良くなった気がします。
実際の効果は?ですが、インテリアのワンポイントにはなったので、満足です。

ロードスターのブレースバー取付け方法
ロードスターの自作ブレースバー

AUTOWAYならタイヤ代を節約できます!!ぜひ一度アジアンタイヤをお試しください