NB2マツダロードスター
ロードスターのエアーインテイク

NBマツダロードスターのエアーインテイク

「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

ロードスターのフロントバンパー

マツダロードスターのフロントバンパー開口部の両サイドには、一見エアインテイクのような円状のくぼみが有ります。
でも、これはダミーで単なるフタなのでエアーは入りません。
これはオプションのフォグランプを付けるのに穴加工をすると大変なので、元々穴をあけておいて、見栄えを良くするためにふたをしているのです。
実際、NB1の時は穴加工していたみたいですが、作業が大変なのでディーラーからマツダへかなり苦情があったのでは?
せっかく穴があるので有効に使おうとフタをはずしてみました。
フタはつめで引っかかっているだけなので力ずくでも外れますが、傷をつけたくないので、ジャッキアップしてタイヤをはずしてフェンダー内側のカバーをはずして取りました。
フェンダー内側のカバーはボルトとロックピン(+ドライバーで左へ回すとはずれます)で取り付けてあるので簡単にはずせます。
そのままではいかにもはずしました、という感じなので、ホームセンターでアルミの網を買ってきました。
適当な大きさに切って、穴の周りにある4本のピンに差し込んで、タイラップではずれないように固定しました。
さらに、左側にはアルミのダクトを付けてエンジンルームへ通して、エアクリーナーボックスから出ている吸気パイプに接続しました。
これで実際にエアーが入るようになりました。
エンジンはフレッシュなエアーを吸い込むことができます。
見た目も立体的な造形になって、とってもかっこ良くなりました。
まるで社外品のバンパーみたいで、大満足です。

NBマツダロードスターのモディファイ

エアーインテイクの改造(NBマツダロードスター)

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ

楽天市場ETC(料金自動収受システム)