楽天市場ロードスター用パーツ(見たいパーツをジャンル別に表示できる)

NBマツダロードスターのモディファイ

バッテリー充電器(セルスターSV−50T)(NB2ロードスター)

日本最大級の通販オンラインショップ「楽天のカー用品、パーツ市場」にリンクします。

楽天市場ロードスター用バッテリー

1ヶ月くらい前にバッテリーを交換しましたが、うっかり半ドアにしてしまって、半日くらいルームランプが点灯していたので、バッテリーが弱くなってしまいました。
ロードスターは専用品のバッテリーが必要で、そのため値段も高く、カーショップに置いていないので、バッテリーを充電することにしました。
私はバイクにも乗っていますが、冬の間はたまにしか乗らないため、毎週1度は3500rpmで10分くらいエンジンをかけて、バッテリーを充電していますがどうしても弱くなってしまいます。
そのため、バッテリー充電器を買うことにしました。
セルスター工業のSV−50Tという充電器で、ジョイフルホンダという巨大ショッピングセンターで4980円で購入しました。
電源は家庭用の100Vコンセントにつなぎます。
やり方は、バッテリーを車体からはずした方が良いのでしょうが、めんどくさいのではずさないでやりました。
まず、バッテリーのマイナス端子(車体後方側)をはずしてから、プラス端子をはずします。
ショート防止のため、はずした端子に軍手を巻いておきます。
充電器の+クリップをバッテリーの+端子に接続します。
充電器の-クリップをバッテリーの-端子に接続します。
電源コードをコンセントに差し込みます。
充電タイマーで充電時間を設定します
バッテリー容量に合わせた充電時間を設定しますが、ロードスターは8時間です。
電源スイッチを入れて、充電を開始します。
設定時間がたつと、自動で充電を終了するので安全です。
今回は時間が無いので、3時間で終了しました。
充電器には電流計があって、充電が進むと電流量が少なくなり、完了すると指針が左端を指します。
充電を始めた時は真ん中あたりを指していて、3時間充電でも指針が左端を指したので、それほど消耗していなかったようです。
はずし方は、電源スイッチをOFFにします。
バッテリーから充電クリップをはずします。
はずす順番は-クリップをはずしてから、+クリップをはずします。
電源コードを抜きます。

NBマツダロードスターのバッテリー
バッテリーチャージャー
ロードスターのバッテリー
バッテリー充電
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る
バッテリーチャージャー

バッテリーの端子を見てみると黒ずんでいたので、磨くことにしました。
サンドペーパーの400番で磨きます。
バッテリー側は簡単ですが、ケーブル側はやりにくいので、鉛筆くらいの太さのパイプにサンドペーパーを巻きつけて磨きました。
きれいになったので電気の流れが良さそうです。
どれほどの効果があるかはわかりませんが。
次にバッテリーに端子を接続します。
端子をつける時は、はずした時とは逆にプラスを先につないでから、マイナスをつなぎます。
ロードスターのエンジンをかけてみると、充電前よりもあきらかにセルの回り方が良くなりました。
次の日の朝は1月末なので、かなり冷え込んだのですが、エンジンのかかりが良くなったので大満足です。
あと、バッテリーをはずしたので、時計合わせとラジオの選局メモリーをやり直す必要があります。
また、走って学習したメモリーが消えてしまったので、再度メモリーするまで走り出して10分くらいかかります。
それまでは信号などで止まるとエンジンが止まりそうになりますが、異常ではありません。

バッテリーの端子磨き
バッテリーターミナル