楽天市場カー用品、パーツ市場

NBマツダロードスターのモディファイ

マツダ純正ボンネットインシュレーター取り付け(ロードスター)

NBロードスターのボンネットインシュレーター
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

無いものは無い!!何でも揃う日本最大級オンラインショップ

私は基本的に、走りの機能に関係のないパーツは重量増になるので付けたくないと思っています。
グラム単位で軽量化にこだわったマツダの開発者に申し訳ありませんから。
でも、雨の日にボンネットからたくさん湯気が上がっているのが気になりました。
天気が良い日に走ると、ボンネットが触れないくらい熱くなっていたので、塗装面を保護するために限定車のマツダスピードロードスター用のボンネットインシュレーターを付けてみました。
純正品なので当然ですが、寸法もぴったりで取付けは5分くらいです。
価格はインシュレーターが6800円で、固定用のクリップ(1個100円)が14個必要になります
NB2以降のボンネットには取り付け用の穴があいているので簡単に付けられますが、NB1のボンネットには残念ながら穴が無いので穴加工が必要です。
ロードスターのボンネットはアルミ製なので、穴加工は比較的簡単だと思います。
ただ、加工がしやすいので、ボンネット表面側まで穴をあけないように注意する必要があります。
電気ドリルを押し付けるのではなく、しっかりつかんで少しずつ下げていくようにすれば良いのではないでしょうか。
作業はボンネットをはずして行うので、結構大変そうです。
そうでもないかな?
簡単にできる方法としては、汎用品で矢崎産業の「かいおんくん」というものが有ります。
自分でボンネットに合わせて切って、シールをはがして貼り付けるだけだと思います。
サイズがいくつかあって、カー用品店にあると思います。
装着後は、雨の日の湯気が少なくなり、走行後にボンネットを触ってもあまり熱くならなくなりました。
これで塗装面が保護できそうです。
走行時は、エンジンの高周波のノイズのような音が少なくなったような感じです。
これでロードスターが普通のクルマに一歩近ずきました。

ボンネットインシュレーター

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ