NBマツダロードスターのモディファイ

リヤブレーキローター、キャリパー塗装(NBロードスター)

NBロードスターのローター、キャリパー
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

楽天市場ロードスター用ブレーキパッド

次にロードスターのリヤブレーキのディスクローターの中央部とブレーキキャリパーを塗装します。
ジャッキアップしてタイヤ&ホイールをはずします。
サイドブレーキを戻す必要があるので、安全のために車体をジャッキアップスタンドに乗せます。
キャリパーは裏側の1本のボルト(矢印部)で固定されています。
ボルトの頭にはプラスチックのキャップがかぶせてありますが、手ではなかなかはずれないので、ウオーターポンププライヤーではずしました。
このキャップはキャリパーについているゴム部品にパチンとはまるようになっているので、ボルトがゆるんでもボルトの脱落を防ぐと思われます。

ボルトをはずすと、キャリパーは簡単に上に持ち上がります。
キャリパーの下にジャッキなどを入れて支えると、作業がしやすいです。
パットは少しこじると簡単にはずれます。
キャリパーを高く持ち上げていると、サイドブレーキのワイヤーがきつく曲がって良くないので、パットをはずした後はもう少し短い物でキャリパーを支えておきます。
キャリパーのパットの両端部(矢印部)には、このような薄いステンレスの板を複雑に曲げた金具がはめ込んであります。
簡単にはずれるので、はずして掃除しました。
この部品は、パットを支えていて、動く時にはガイドレールの役割をします。
ブレーキキャリパー
キャリパー固定ボルト
ブレーキキャリパーボディー
ブレーキパット金具

このボルトは意外なほど頭が小さくて、ネジがきってあるのは先端の10mmくらいだけです。
それほど固く締っていなかったので、簡単にはずれました。

ブレーキディスクローター塗装

楽天カー用品、パーツ市場(耐熱塗料)

まず、ローターはサンドペーパーとワイヤーブラシである程度サビを落として、水で絞ったウエスでふき取ります。
キャリパーとサポートはざらざらしているので、水で絞ったウエスで汚れをふき取るだけです。
次に、円形に切り抜いた紙や新聞紙でマスキングして耐熱塗料をスプレーします。
塗料はホルツの耐熱ペイント(600℃)シルバーです。

ローター塗装のマスキング

乾燥してからステンレスの金具を取り付けて、ブレーキパットの背面にバックプレートを付けて取り付けます。
あとはキャリパーボディーを戻して、ボルトを締め付けて、キャップを取り付けます。
今回はパットの交換はしていないので、ピストンの六角レンチによるクリアランス調整は必要ありません。
ただし、このままの状態ではピストンとブレーキパットが密着していないので、何度もブレーキを踏んでピストンを押し出さないと、ブレーキを踏んでも全然効かないので、注意が必要です。
この部分のさびは、気にしなければ気にならないのですが、NB2ロードスターRSの16インチホイールは開口部が大きいため目に付いてしまうので、自己満足度の高いドレスアップだと思います。
費用は耐熱スプレーの1300円なので、おすすめです。

リヤブレーキキャリパー

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ