NBマツダロードスターのモディファイ

PIVOTスーパーテンプコントローラー取り付け(ロードスター)

NBマツダロードスターのテンプコントローラー
「マツダロードスターのモディファイ」へ戻る

日本最大級の通販オンラインショップ「楽天のカー用品、パーツ市場」にリンクします。

以前から社外品の水温計をつけたいと思っていましたが、やっとつけました。
私のロードスターの純正水温計は改造してあるので、約85〜115℃がわかるようになっていますが、やはり正確な水温がわからないと不安です。
私はデジタル式よりアナログ式の方が好きなのですが、インパネ上にメーターをつけるとじゃまくさいし、ダッシュ部分には純正のオーディオがあってスペースがないので、コンパクトで多機能なPIVOTのスーパーテンプコントローラーをつけました。
この製品は、水温、油温表示とファンのコントロールができます。
水温はECUから信号を取り出すので、センサーや配線は不要でECUに配線するだけなので簡単でGoodです。
油温はセンサーが付属していますが取り付けブロックは別途必要です。
水温、油温は自動切換え表示が可能で、ピークホールドもできます。
ファンの動作温度設定ができ、ファンが2個ある車では設定温度の-5℃で1個が作動して、もう一個は設定温度で作動します。
ロードスターにはファンが2個あるのでシーケンシャル動作になります。
この製品はNA6Cには適合していますが、NB8Cは不明だったのできちんと動作するか不安だったのですが大丈夫のようです。
低回転で60km以上で走ると水温は92℃くらいで安定します。
高回転で60km以下で走ると98℃くらいまで上がります。
信号待ちが多い街中でも95℃くらいになります。
夏の暑い時に峠道を15分くらい全開で走ると、105℃近くまで上がりました。
純正の水温計(改)でも大体の温度がわかるので、走行中は見やすい純正を見て、通常よりも温度が上がってきた時にデジタルを見るようにしています。
付けて走ってみた感想は、やはり正確な水温がわかると安心できるので、精神衛生上良いです。
ロードスターの水温は高いといわれているのでなおさらです。
この製品はコンパクトで多機能で、値段も安い(オークションで新品が1万円くらい)ので大満足です。

メーター(回転、スピード、水温、油温、油圧、ブースト、バキューム、メーターパネル、他)

テンプコントローラー

愛車のタイヤ そろそろ交換時期ではありませんか?激安タイヤのオートウェイ