マツダロードスターのここがすごい

楽天市場ロードスター用パーツ(見たいパーツをジャンル別に表示できる)

NA6CEユーノスロードスターの追加モデル

Vスペシャル(1990年8月)
ネオグリーンのボディーカラー、タン色内装にナルディー社製のウッドステアリング&シフトノブ、サイドブレーキレバーや本皮製シートを組み合わせてブリティッシュスポーツカー風に仕立てた追加モデル。
雰囲気を楽しむモデルではあるが、メカニズム上の変更はないのでロードスターの軽快な走りの楽しさは変わらない。
発売当時価格は2,122,000円(5速MT)
           2,162,000円(4速AT)

NAユーノスロードスターの限定モデル

「マツダロードスターのここがすごい」へ戻る

NAユーノスロードスターVスペシャル
NAユーノスロードスターJリミテッド

NA6CEユーノスロードスターの限定モデル

Sスペシャル(1992年7月)
ユーノスディーラーの3周年記念として追加されたモデルで、ビルシュタイン社製ダンパー採用の専用サスペンションやBBSホイール、フロントサスタワーバーなどを装備し、ロール剛性や操縦安定性を高めた。
ステアリングやシフトノブはナルディー社製本皮巻きで、リヤスポイラーも標準装備され、ロードスターのスポーツ性を高めたモデルとなっている。
ボディーカラーはブリリアントブラックとクラシックレッドの2色を設定した。
発売当時価格は2,030,000円(5速MTのみ)

Jリミテッド(1991年7月)
ユーノスディーラーの2周年記念として発売された、ロードスター初の限定車。
カタログモデルには無いサンバーストイエローのボディーカラーを採用し、ナルディー社製ウッドステアリング&ウッドシフトノブ(5速MTのみ)、ウッドパーキングブレーキレバー、ステンレススカッフプレートを装備する。
約1ヶ月の予約期間で、800台限定で販売された。
鮮やかなイエローのボディーカラーは人気が高かった。
発売当時価格は1,900,000円(5速MT)
           1,940,000円(4速AT)

M2 1001(1991年12月)
マツダ車のチューニングやドレスアップモデルの開発、販売を行うM2から発売された第1段がこの1001。
圧縮比アップや軽量フライホイールの採用、ポート研磨、エキマニ交換、ハイオク仕様化によってエンジン性能を
130ps、15.1kgmまで高めた高性能モデルだ。
本格的にチューニングされた専用エンジンの圧縮比は
10.67まで高められた。
シャシーにも手が入れられており、サスペンションセッティングの変更、機械式LSDの採用、アルミ製4点式ロールバー、195/50R15タイヤ、バケットシートなどの装備により、ノーマルのロードスターとはかなり異なった、硬派なマシンに仕上がっている。
300台限定で販売された。
発売当時価格は3,400,000円(5速MTのみ)

ユーノスロードスターSスペシャル
NAユーノスロードスターSリミテッド

M2 1002(1992年11月)
ブリティッシュスポーツの雰囲気を持つVスペシャルよりも、さらにエレガントで豪華なロードスターを目指して作られたのがM2 1002。
シートはアイボリーホワイトの本皮製とし、インパネ下部やドアトリム、ソフトトップもアイボリーで統一されていた。
フロントバンパーやホイールも専用パーツが採用されていた。
シフトブーツまでアイボリーの本皮を採用し、大人のためのロードスターに仕上がっていた。
300台限定で販売された。
発売当時価格は3,000,000円(5速MTのみ)

Sリミテッド(1992年12月)
ベースはSスペシャルで、ビルシュタイン社製ダンパー、タワーバーを装備し、Sスペシャルではオプションのセンソリーサウンドシステムを標準装備している。
ブリリアントブラックのボディーカラーに本皮シート、インパネ下部、ドアトリム、シートベルトなどの室内色を赤色で統一し、専用のBBSホイール(ゴールド塗装)を採用した。
走りと豪華さを高めた個性的な限定モデル。
1,000台限定で販売された。
発売当時価格は2,350,000円(5速MTのみ)

AUTOWAYならタイヤ代を節約できます!!ぜひ一度アジアンタイヤをお試しください