「F1、モトGP、モ-タースポーツを語ろう」へ戻る

F1、モトGP、モータースポーツを語ろう

Rd.2 F1マレーシアGP

自動車保険無料一括見積もり

F1第2戦マレーシアGPが行われ、ルノーがワンツーフィニッシュを飾りました。
勝ったのはアロンソではなく、フィジケラです。
実は私はフィジケラのファンなので非常にうれしいです。
フィジケラは速さも実力もあるのに、実に不運なドライバーです。
良かれと思って移籍したチームがことごとく戦力がダウンして、せっかくの移籍が裏目に出ています。
去年のルノーへの移籍は大成功だったにもかかわらず、開幕戦で優勝しただけでその後はマシントラブルがなぜか彼にばかり起きて、勝てませんでした。
最年少でチャンピオンになったアロンソと比べると...そんなに実力に差は無いはずなのに、なぜこんなに運が無いのか。
運が悪いのはマクラーレンのライコネンも同じですね。
去年は圧倒的な速さがありながら、彼にばかりトラブルが起きてチャンピオンを逃してしまいました。
今年も開幕戦でエンジンが壊れて、今回も1週目で追突されて早々にリタイヤしました。
運も実力のうち、などと言われますが、今年はぜひ、この二人にもチャンピオン争いに加わって欲しいものです。
ライコネンはまだ若いので、できれば今年はジャンカルロにチャンプを取って欲しいです。
開幕2戦を終えて思ったのは、2グランプリを1つのエンジンで走るのはやめて欲しいですね。
エンジンが壊れて交換すると、スターティンググリッドが10番後退してしまうのが良くないです。
ドライバーにはあまり責任が無いのに、1000分の1秒を争う予選の結果が10番も下がるなんて、かわいそうです。
エンジンメーカーとしては新たなチャレンジになって良いかもしれませんが。

NBマツダロードスターは好パッケージング