「F1、モトGP、モ-タースポーツを語ろう」へ戻る

F1、モトGP、モータースポーツを語ろう

Rd.1F1バーレーンGP

F1開幕戦バーレーンGPを見みましたか?
予想通り、フェラーリ、ルノー、マクラーレン(ホンダ)の激しいバトルが見られて、最高に面白かったですね。
レースにたらればは無意味ですが、ライコネンがうまく予選をして2列目以内からスタートしていれば、アロンソとミハエルと3つ巴のバトルをしていたかも?
またバトンがいいスタートをしていれば、マッサのピットストップがうまくいっていれば、トップ争いに絡んだでしょう。
トヨタの2台の予選がうまくいっていれば、上位入賞ができたはず。
などと、いろいろ考えてしまいます。
最後のピットストップ後、アロンソがミハエルの鼻先にコースインできたのが勝負を決めたと思います。
チャンピオンシップはおそらくアロンソ、ミハエル、ライコネンの3人で争うのではないでしょうか。
去年のように2人で争うよりも、3人の方が断然面白いでしょう。
トップグループだけでなく、中団グループでも激しいバトルがたくさんあって目が離せないですね。
去年はレースを見ていても途中で眠くなってしまうことが多かったのですが、今年は最後まで起きていられそうです。(深夜のテレビ放送ではなく、録画したビデオを見ていても眠くなりました)
ホンダのチームメイト同士のバトルは意地の張り合いで見ごたえがありました。
ウイリアムズのロズベルグはデビューレースなのに落ち着いていて、クルサードやクリエンをオーバーテイクして7位に入り、たいしたものです。
ウイリアムズはBMWエンジンを失って、パフォーマンスダウンが予想されましたが、まずまずのようです。
トヨタはもっと上に上がってきて欲しいですね。
今年はレース中のタイヤ交換ができるので、思い切ったオーバーテイクやバトルが観られるのでいいですね。
レースはやはり、ピットストップ戦略ではなく、コース上のバトルで決めて欲しいですから。
そうなると、やはりレース中の給油禁止に話が行ってしまいます、とほほ。

本気で結婚を考えるならこちらで!!無料チャンステスト

NBマツダロードスターは好バランス