おすすめ峠ドライブコース

塩那スカイライン(栃木県塩原町)

地図はこちらをクリック

私が住んでいる矢板市から1時間くらいで行ける「塩那スカイライン」を紹介します。
場所は温泉で有名な塩原の北西部にあります。
別のページで紹介した「日塩もみじライン」の北側にあります。
ここは、漫画「イニシャルD」でハチロクとシビックタイプRのバトルの舞台になった所です。
行き方は東北自動車道を西那須野インターチェンジでおりて、400号線を西へ行って塩原の温泉街を過ぎてすぐ右折して上っていきます。
右折するとすぐに橋を渡り、右に木の葉化石園があり、さらに行くと右に箱の森プレイパークがあります。
さらにいくと何もなくなり、お楽しみのワインディングになります。
ここはもともとは、山頂を縦断して板室温泉へ抜ける壮大な観光道路になる予定でしたが、バブルがはじけて工事がストップして行き止まりになっています。
夕方6時には入り口のゲートが閉められて、出られなくなってしまうので注意しましょう。
夜は閉鎖しないとサーキット状態になってしまうのでゲートを閉めるのでしょう。
また、冬期(11/30〜4/25頃)は完全閉鎖されるので、行く時には注意が必要です。

(拡大、縮小、移動ができます)

山肌を見ると、道路がジグザグに上っているのがよくわかります。
コースとしては中速コーナーが続いてヘアピンというパターンを繰り返して、ジグザグに急斜面を上っていきます。
下りは普通に走っていても、かなりスピードが出てしまうので注意が必要です。
道路幅はまずまずで、路面状態が良いので走りやすいです。
最大の特徴は地元の人にも知られていなくて、行き止まりの道路なので車が非常に少ない事です。
紅葉時期でもハイキングに来ている車が4〜5台いますが、一番上の駐車場に止めてあるので、走っている車は1〜2台くらいです。
なので、ほとんど貸切状態になります。

山の斜面に道路がジグザグに走っているのがよくわかります。
それにしても、壮大な景色ですね。

入り口付近です

急勾配の高低差のあるヘアピンです。1速までシフトダウンします。

ストレートでは勾配があるので、下りではスピードが出すぎて怖いくらいです。
ガードレールの向こうは断崖絶壁なので、マージンを持って走ることが重要です。
上りでは2速でエンジン全開になるので、夏場に走るとエンジンの水温がかなり上がるので、時々クーリングが必要です。

路面状態は良いです

塩那スカイライン

頂上の行き止まりの少し手前にあるヘアピンの駐車場です。
遠くに鶏頂山が見えて、なかなかの絶景です。
ここは11月頃は紅葉がとてもきれいです。
行き止まりまで行くと、ハイキングコースがあって山歩きを楽しむこともできます。

「おすすめ峠ドライブコース」へ戻る
NBマツダロードスター