おすすめ峠ドライブコース

ドライブ

渓谷がきれいです

マツダロードスター

日塩もみじライン(栃木県塩谷町)

NBマツダロードスター
「おすすめ峠ドライブコース」へ戻る

もみじ谷大吊橋

ヘアピン

路面状態は結構良い方だと思います。
コーナーが連続しているので、リズミカルに走りましょう。
各コーナーには、コーナーのR(半径)の看板があるので、つっこみ速度の、ではなく安全運転に役立ちます。(笑)

コーナーのRの看板

唯一のストレート

富士見台駐車場(私の指定席です)

富士見台駐車場

地図はこちらをクリック

(拡大、縮小、移動ができます)

スポーツカー

私が1番よく行く、お気に入りのドライブコースを紹介します。
コース自体は1番好きなのは霧降高原有料道路なのですが、そこは料金が920円でメチャクチャ高いのと、少し遠いのでいまいちです。
600円でリーズナブルで、距離も近いので日塩もみじラインが1番いいです。
料金は有料道路内にあるハンターマウンテンスキー場で割引券を買えば500円です。
私はスキーで行った時に、6枚くらい買っておきます。
料金は出るときに払うので、好きな時に入って夕方から朝までに出ればタダになる裏技もありますが、老体の私には無理です。
行き方は、鬼怒川側からと塩原側からが有ります。
塩原側からは温泉街から行くのが普通ですが、ゴールデンウイークや紅葉時期は渋滞がひどいので、別ページで紹介した「八方が原」から行くとすいすい行けてお勧めです。
ただし、道が狭いので少し疲れるのを覚悟してください。
私は最近は「八方ヶ原」から行って、鬼怒川側へ降りてきて帰るコースが多いです。
最も一般的なコースを紹介しますと、塩原の温泉街から入って鬼怒川側へ降りるコースです。
塩原へ行くには東北自動車道を矢板ICで降りて、30号線を北上して関谷で左折します。
または、西那須野ICで降りて400号を西へ行きます。

少し行くと左側に入った所に「もみじ谷大吊橋」があります。
この吊橋はいかにも人工的に造ったもので、橋を渡ると小さな公園があるだけです。
有料なので、あまりお勧めできませんが、紅葉の時期はきれいです。
駐車場が広いので複数ツーリング向きです。
反対の右側にはレストランや日帰り露天?風呂などが有ります。

少し下ると右側に「富士見台駐車場」があります。
ここはイニシャルDでハチロクとロードスターの下りのバトルのスタート地点です。
ここから、料金所手前のヘアピンまでの間がバトルのコースになった区間で、もみじラインで実際に走って1番面白い区間です。
私はもみじラインに来るとこの区間を3〜4回往復して走りを楽しんでいます。
もし昼時にここに来る時は、食事のできる良い店がないので、コンビニなどで弁当やお茶を買ってくることをお勧めします。

マツダロードスター
ドライブ

道路の左側には川が流れていて、すばらしい渓谷の景色が見られます。
その後、短い一方通行の後の信号を左折して上っていくと、ワインディング道路になります。
途中に奥塩原温泉や地元野菜などのお店もあります。
もみじラインの塩原側はコーナー間の直線が少し長いので、本気で走るとかなりスピードが出てしまうので、オーバースピードに注意が必要です。
そのため、走りを楽しむのには鬼怒川側のほうが良いです。
料金所を過ぎて上っていくと、ハンターマウンテンスキー場が有ります。
ここはスキー以外にもゴンドラが動いていて、8月にはプチハイキング、10月にはゆりパーク、11月には紅葉が遊覧できます。
途中にはキャンプ場やエーデルワイススキー場、ゴルフ場、民宿街などもあります。

ロードスター
マツダロードスター
スポーツカー
マツダロードスター

関谷を過ぎて坂を登ったところに「かさまや」というレンタルスキーとみやげ物の店が有ります。
ここは駐車場が広く、レストラン、露天風呂、足湯等があるので数台でツーリングで来た時には良いかもしれません。
また、無料展望台があってここからの景色はなかなかいいです。

少し行くと、左側に「回願(みかえり)の吊り橋」があります。ここは1番お勧めです。
少し歩いて降りていきますが(ルートがふたつあって、ひとつは急坂で、もうひとつはゆるい道です)
上の写真のように風情のある吊り橋で、渡って右に行くと滝が見えます。
春の新緑や秋の紅葉が大変きれいです。駐車場の奥のもみじ林が特にきれいです。
トイレもあるのですが駐車場が狭いので、紅葉時期は道路の反対右側に入る道に駐車すれば、何とかなります。

坂を登りきって少し下ったところで左側に「白糸の滝」があります。
小さな滝ですが雰囲気はいいです。

この区間はカーブが多くて、直線といえるのは上写真の一箇所だけです。
約300mくらいしかありませんが、遅い車を抜くにはここが唯一のパッシングポイントです。
でも、追越し禁止なのでがまんしましょう。

右の写真が下りのバトルのゴール地点(上りのバトルのスタート地点でもあります)です。
ヘアピンの右側に駐車場があるので、Uターンするのに便利です。
ヘアピンの左側へ少し入っていくと滝が有ります。
以上のバトル区間は路面状態も良く、コーナーのレイアウトも良いのですが欲を言えば、全体的にコーナーのRがきついので、もう少しゆるい高速コーナーがあれば最高です。
この点では「霧降高原有料道路」がベストですが、いかんせん料金が高すぎます。
料金所を出て下っていくと、右側に「龍王峡」があります。
ここは渓谷の景色がすばらしいです。
さらに行くと、キャンプ場や鬼怒川温泉街、ロープウエイ、ワールドスクエア、ウエスタン村、日光江戸村、日光猿軍団などいろいろあります。
もみじラインはその名のとおり、11月頃は紅葉が大変きれいです。
でも、その時期は塩原、鬼怒川共渋滞が激しいので、私は八方ヶ原から入って走りを楽しんで八方ヶ原へ戻ってくるルートにしています。

かさまやの展望台

かさまやの足湯

回願(みかえり)の吊り橋