タンクバックをシートバックに転用

私のバイクGSX−R750

長距離ツーリングに行く時はもちろんですが、ちょい乗りの際もレインウエアやペットボトルの飲み物、カメラなどを持っていかないと困る場合が多いです。
タンクバックはマグネット式なので簡単に脱着できてとても便利ですが、上半身に近くて邪魔なので左画像のようにタンデムステップにゴム紐をかけてリヤシートに取り付けていました。
そんな時によく行く「矢板県民の森」でよく会うGPZの方が南海部品のリヤシートバッグを付けているのを見て、これは便利でいいと思いました。
本気で買おうと思いましたが、長年使っているタンクバッグも気に入っているので、これをスマートに取り付けできないものかと考えました。
このタンクバッグは容量を2倍くらいに増やすこともできて、とても便利です。
いろいろと検討した結果、良い方法が見つかりました。
寝袋を丸めた時にがさばるのを小さくするためのひもをリヤシートの下に通してタンクバッグの4個所のフックを固定します。
簡単に脱着はできませんが、頻繁にはずす必要も無いのでこれでOKです。
見た目もすっきりしていて我ながら良くできたと思います。

使い勝手が良くなって、見た目もすっきりしていてとても満足です。

リヤシートバッグ
バイクのリヤシートバック

「私のバイクGSX−R750」へ戻る