ブレーキランプの電球交換

私のバイクGSX−R750

GSXR750のテールカウル
GSXR750のテールライト
GSXR750のブレーキランプ
GSXR750のブレーキランプ

中央の奥に電球のソケットが見えます。
ソケットは反時計方向に回すと、手前にはずれます。
電球も反時計方向に回すと、手前にはずれます。

私のバイクGSX-R750は新車で購入して21年乗っていますが、ブレーキランプの電球が初めて切れました。
テールライトは外側からははずせないので、シート側からはずします。

まず、キーでシングルシートをはずします。
タンデムシートは前側のボルト2本をはずすと、前側にはずれます。

「私のバイクGSX−R750」へ戻る

タンデムシートをはずすと、こんな感じです。

ソケットをテールライトに固定する穴には、切り欠きが2個有りますが幅が違うので、取付位置が決まるようになっています。
この電球はライトのポジション用とブレーキ用の2個のフィラメントが有ります。
そのため電球の接点が2個あって、その位置が決まるようにしているみたいです。
ブレーキとポジションランプが点灯しないと、大変危険なので、これで安心して走ることができます。

GSXR750のブレーキ電球
GSXR750のブレーキランプ
GSXR750のテールランプ
GSXR750のタンデムシート
バイクのブレーキランプの電球交換

はずした電球は白くなっていてびっくりしました。
新品は190円で、透明で内部がよく見えます。
電球の側面には、ソケットに固定するためのピンが
2mmくらい出ていますが、左右で位置が違います。