私のバイクGSX−R750

私の走りに行く時のスタイル

タンクバック
スズキGSX−R750
タンデムステップ

私のバイクはレーサーレプリカなので、小物を入れるスペースがありません。
普通はシートの下にあるのですが、工具が入っているので使えません。
タンデムシートを外してシングルシートカウルを付ければ、小物入れのスペースがあるのですが、レインウエアを入れるといっぱいになってしまいます。
チョイのりくらいでは問題ないのですが、日帰りツーリングでは困るので、写真のようにタンクバックを後ろに付けています。
私のバイクはガソリンタンクの位置が高いので、タンクバックをタンクの上に付けると、峠を走る時などはライディングのじゃまになるからです。
そのためのゴムひもをタンデムステップ裏のフックに引っ掛けようとすると、フックがUの字になっていて使いにくいので、サンダーで削ってJの字にしました。
これならばゴムひもを引っ掛けるのに使いやすくなりました。
ゴムひもは市販されているものでは長すぎるので、ちょうど良い長さに切りました。
私の愛用しているタンクバックは、チャックを開けると容積が2倍くらいに増やせるので、便利で気に入っています。
そういえば、最近のスポーツバイクはマフラーがシートカウルの中にあるものが増えていますが、小物入れのスペースが無くて不便だと思うのですが。
転倒したときにダメージを受けにくいとか、デザイン的にすっきりするとか、メリットがあるのでしょうが、私はマフラーは普通の位置にあったほうが、ボリュームがあって見た目もカッコイイと思います。

タンデムステップ裏のフックをUの字からJの字に削りました

「私のバイクGSX−R750」へ戻る