GSR750のヘルメットロック

GSR750のメインキーシリンダーはガソリンタンクの前にあります。
その手前側にはプラスチックのカバーがあるので、キーをそのまま差し込んで走ると、カバーが傷だらけになってしまいます。
対策として、キーを布で巻いてゴム輪で固定しました。
ストリートファイターのデザインは、ヘッドライトの位置が低くて後方寄りにあるので、キーシリンダーはガソリンタンクの前になるのでしょう。
この位置はタンクバックを付けていると操作がやりにくいという欠点もあるので、キーシリンダーは通常のステアリングヘッドとメーターの間のほうが良いですね。

バイクのキーにヘルメットロックのキーを取り付けました。
既に付いていたのは玄関の鍵です。

ヘルメットを取り付けてみると、タンデムステップがバイザーの内側にあたってキズを付ける可能性があるので、バイザーを開けたほうが良さそうです。

純正のボルトはネジロックが塗布してあるので、外すのに少し力が必要です。
取り付けには付属のボルトを使います。
ボルトは少し長くて、何故か6角レンチのサイズが1サイズ小さいです。
ボルトの頭の形状が違うためでしょうか。

バイクのヘルメットロック

「私のバイクGSR750」へ戻る

ヘルメットロック取り付け(キジマ)

GSR750のヘルメットロックはタンデムシートの裏にあるC型のフックに、ヘルメットのあごひものD型の金具を引っ掛けて固定するようになっています。
ロックする際には、シートとヘルメットを両方持ちながらシートを車体に取り付けるので、非常にやりにくいです。
リヤシートにシートバックや荷物が積んであると、さらに面倒です。
ネットで調べてみると、ジキマというメーカーが古いバイクでは当たり前の方式で、車種専用設計のボルトオンで取り付けられる物を販売していました。
ヤフオクで定価3360円(税込)の物を2600円+送料600円+振込手数料でゲットしました。

取り付けてみるとまったく違和感がなく、まるで純正品のようです。
昔のバイクのヘルメットロックはほとんどが、このようなタイプでしたが、最近のバイクはコストダウンのためか、シンプルで使いにくいものが多いようです。

取り付けはタンデムステップのステーと車体の間に挟んでボルトを締めるだけなので、非常に簡単です。

GSR750ヘルメットロック

私のバイクGSR750ABS