GSR750グラブバー

すっきりとしたデザインで違和感が無く、まるで純正品のようです。
強度もかなりしっかりしています。
タンデムした時に手でつかまるのにも問題ありません。
シートとカウルの隙間は、後側はほとんど変わりませんが、前側は3mmのステーがロック機構の下に入っているので、少し広がっています。
でも、言われなければわからない程度なので、気になる事はありません。

付属しているゴムの台は両面テープで取り付けますが、シートを脱着すると、なぜか少しずれてしまいます。
また、脱着する際結構きつくてやりにくいです。
純正品と比べてみると、ゴムの台が3mmくらい高くなっているのが原因のようです。

後ろ側の2か所はシートを支えるゴムの受けになっていて、なおかつシートカウルを固定しています。
右が純正品で左がグラブレール用です。
グラブレールを固定するステーを共締めにします。
その上にゴムの受けを両面テープで取り付けます。

GSR750はリヤシートに乗せた荷物をゴムひもで固定する際、前側はダンデムステップのステーにゴムひもをかけますが、後ろ側はシートの裏にあるバンドを引き出して、そこにゴムひもを通して固定します。
先日、2泊3日のツーリングに行った際、後ろ側のバンドにゴムひもを通すのが非常にやりずらかったので、グラブレールを取り付けることにしました。
GSRのデザインを壊さないように、スマートでスタイリッシュな物を探しました。
ヤフーショッピングのゼロカスタムという店で、RENNTECレンテックのグラブバーが気に入りました。
14,570円で5,000円以上は送料無料になっていました。
ネットで注文すると4日くらいで届きました。

グラブレールを取り付けてみて、位置の微調整をしてから、ビスを本締めします。

グラブレールを固定するステーは、シートカウルと下のフレームの間に挟んで固定します。

シートのロック機構がはずれました。
この下にグラブレールを挟んで固定します。

まずは、5か所のビスをはずします。

グラブレール取り付け(レンテックRENNTEC)

GSR750グラブレール取り付け

私のバイクGSR750ABS

強いて挙げるならば、後端部の跳ね上がりが少し大きいので、4cmくらい低かったら私の好みにぴったりで完璧でした。(笑)

手元に厚さ2mmのゴムシートがあったので、直径22mmにカットして、両面テープで取り付けました。
シートの脱着をしても、きつくなく、ずれることもありませんでした。
うまくいきました。

バイクのグラブバー

「私のバイクGSR750」へ戻る