メッツラーのタイヤは他のメーカーと比べると、溝の幅が広くて深いようです。
だから耐久性が良いのでしょうか?
古いタイヤはフロントのサイド部分がかなり減っていて三角のような形状になっていたためか、交換してしばらくはバンクさせるとふらふらして変な感じでした。
峠で少しずつバンクさせてく慣らしを終えると違和感は無くなりました。

私のGSR750は新車で購入して8ヶ月間で、4100km走行しました。
GSR750は新車状態で、ブリジストンのBT016というハイグリップタイヤを装着しています。
タイヤの消耗具合をチェックしてみると、フロントタイヤのサイド部分がかなり減ってきて、スリップサインが出ているどころか、溝がほとんど無くなっていました。

GSR750のタイヤ交換

「私のバイクGSR750」へ戻る

タイヤ交換(メッツラー スポルテックM3)

慣らしを終えて走ってみた感想ですが、ギャップなどを通過した時に衝撃を吸収するので、乗り心地が良いです。
当たりが少しだけ柔らかい感じです。
コーナリングでは倒し込みはびっくりするほど軽くはないですが、すなおで期待した分だけスムーズにバンクします。
かなりバンクしていてもグリップ感が高いので、安心感が高いです。
ブレーキング時は、どたばたすることなく安定しています。
加速時はしっかりとトラクションがかかってリニアに加速していきます。
私くらいのレベルでは、全く問題のないスポーツタイヤです。
あとは、耐久性が何kmくらいもってくれるのかが楽しみです。

リヤタイヤはフロントほどではありませんが、やはりサイド部分が減っていてスリップサインが出ています。
リヤタイヤはもう少し使えそうですが、タイヤを交換するならば前後を同時に交換した方がバランスが良いので、前後交換する事にしました。
今回のタイヤは8000kmくらいはもってほしいので、ネットでいろいろとタイヤの情報を調べてみました。
すると、ドイツのメッツラー社のスポルテックM3がハイグリップの割には耐久性があって、価格も安い事がわかりました。

私のバイクGSR750ABS

GSR750タイヤ交換

タイヤはヤフオクで出品されている新品を探しました。
タイヤ代が25,000円、送料が1,000円、振込手数料が216円で合計26,216円でした。
もう少し安い物もありましたが、製造年月が明記されていたストアで購入しました。
せっかく安く買っても、製造年月が古い物では良くないですから。
交換作業と外したタイヤの廃棄処分はバイクを購入したバイク店でやってもらいました。
11,000円で少し高いですが、持ち込みなのでしょうがないでしょう。
合計金額は37,216円になりました。
バイク用品店で交換した場合はタイヤ代が33,800円で工賃と処分料が7,000円で合計40,800円なので3,584円安くできました。