GSR750クラッチレバー
GSR750クラッチレバー調整

クラッチレバー修正

左画像のレバーの右側を万力で固定して、太い鉄パイプをレバーの中心の下側にあてて、レバーの先端と鉄パイプを大きなモンキーレンチでクランプします。
鉄パイプを下側へ動かしてレバーを曲げました。
どれくらい曲げたかわかるように、曲げる前に段ボール紙に形を書いておきました。
先端部分で15mmくらい曲げました。
また、指をかける部分が弓なりに曲がっているので、少したたいてまっすぐに近い形状にしました。
レバーの材質はアルミなので、結構簡単に曲がるので、曲げすぎないように注意が必要です。
また、先端の丸い部分に力をかけると、簡単に折れそうなので要注意です。
画像は上の画像と向きを合わせるために反転しています。

私のバイクGSR750ABS

次にレバー側を調整します。
ゴムのカバーをめくってずらします。
左のロックナットをゆるめて、右のアジャスタをまわして調整します。
手前側にまわすと遊びが少なくなります。
実際に走ってみると、クラッチを握っても指がはさまらないので、気持ちよくギヤチェンジができるようになりました。
これで、走るのがますます楽しくなりそうです。

まずはエンジン側を調整します。
下側のロックナットをゆるめて、上のアジャスタを回して調整します。
反時計方向にまわすと遊びが少なくなります。

取り付けてみると、レバーの先端側半分がグリップに近くなっているのがわかります。
このままでは、クラッチが十分に切れないので、クラッチの遊びを小さくします。
改造前はレバー先端部分で遊びが15mmくらいありました。
ちょうどその分だけレバーを曲げたので、この状態で遊びがほんの少しだけになるように調整します。

レバーの形状をよく見てみると、レバーの先端側の半分がかなり前方に曲がっているのがわかります。
そのためレバーを深く握る必要があるので、人差し指がはさまってしまうのだと思われます。

クラッチ操作に慣れてくれば、指が痛くなることはなくなるだろうと思っていましたが、なかなかなくなりません。(涙)
対策をするために原因を考えてみました。

前マシンのGSX−R750の時にはなかったのですが、GSR750になると、クラッチレバーを握った時にレバーが人差し指にあたって痛くなるようになりました。
そこまでレバーを深く握らなくても、クラッチが切れてギヤチェンジはできるのですが、ついつい深く握ってしまうので、指が痛くて困っていました。

私はクラッチレバーを握る時は、親指と人差し指でグリップをつかんで、中指と薬指と小指でレバーを握ります。
長距離ツーリングで手が痛くなって来た時は人差し指も使いますが、普通はこの握り方の方が手がハンドルから離れる心配が無くて上体が安定します。
特に急発進する時には良いやり方だと思います。
GSR750のクラッチレバー

「私のバイクGSR750」へ戻る