GSR750
こちらは変更後です。
スニーカーを履いている時はあまり感じませんが、ブーツを履いている時はシフトダウンがしやすくなりました。

こちらは変更前です。

ペダルの高さを調整するには、リンクロッドの両端のロックナットをゆるめます。
ナットの外側のシャフトにスパナをかける面取り加工があれば簡単にナットをゆるめられるのですが、ありません。
ふたつのナットにスパナとモンキーレンチをかけてゆるめます。
片方のナットだけがゆるみました。
もう片方のナットはスパナをかけてゆるめました。
ボールジョイントにねじれの力がかかるので良くないのですが、仕方ありません。
リンクロッドをまわせば、ペダルの高さが変わります。
ペダルの先端で5〜6mm下がった位置でふたつのナットをロックします。

GSR750に乗り始めて1カ月がたって、ある程度慣れてきました。
ギヤチェンジペダルの位置がほんの少し高いので、シフトアップは問題ないのですが、シフトダウンが少々やりにくいことがわかりました。
そこでペダルの位置を少し下げることにします。

GSR750ギヤチェンジペダル調整

「私のバイクGSR750」へ戻る

ギヤチェンジペダル調整

私のバイクGSR750ABS

GSR750ギヤチェンジペダル