GSR750前サスペンション調整
GSR750サスペンション調整

「私のバイクGSR750」へ戻る

サスペンション調整

マーキングをきっちり合わせるのは難しくて、少しずれてしまいました。(汗)

私のバイクGSR750ABS

GSR750はスーパースポーツモデルのカウルを外した、ストリートファイターというタイプのバイクなので、足回りのセッティングはかなり硬めになっています。
路面状態が悪いところを走るとごつごつと突き上げも強いので、少し柔らかくすることにしました。
GSR750のサスペンションは前後ともスプリングのプリロードのみ調整できます。
残念ながらアブソーバーの減衰力は固定式で調整できません。
フロントはフォークのトップ部分のボルトをまわして調整します。
時計方向に回すと硬くなり、反時計方向に回すと柔らかくなります。
左右の硬さを同じにできるように、あらかじめマーキングをしておきます。
マイナスドライバーの先端をあてて、ハンマーで軽くたたいてマーキングしました。

わかりにくいですが、2にした状態です。
車載工具のレンチでまわすのには、スペースが狭いのでひと苦労です。
調整後さっそく走ってみましたが、ほんの少しやわらかくなった気がします。
もう少しやわらかくても良さそうですが、しばらくはこれで様子をみてみます。

この状態が標準の3です。
中間よりも1段階やわらかいです。
今回は反時計方向にまわして、2に調整します。

リヤサスペンションはメッキ部品をまわして調整します。
メッキ部品をまわすには車載工具を使います。
7段階に調整できますが、標準は3になっています。

回すボルトの側面に溝が切ってあります。
0〜5の6段階に調整できますが、標準は2.5になっています。
0.5ではあまり変わらないと思うので、3.5にしてみます。

3.5に調整した状態です。
マーキング部を前側に合わせたら、ちょうど3.5になりました。

GSR750後サスペンション調整