GSR750リヤブレーキペダル調整

リヤブレーキペダル調整

ペダルの位置を下げるには、画像のリンク部分を外す必要があります。
松葉ピンで固定されているので、松葉ピンをまっすぐに曲げて外します。

私のバイクGSR750ABS

このままではブレーキペダルを踏まなくても、ブレーキランプが点灯してしまうので、ブレーキランプの調整をします。
ブレーキランプのセンサー本体を回らないように手で固定しながら、スパナでナットを反時計方向に回します。
これでペダルの位置がちょうど良くなりました。

仮止めして実際にバイクにまたがってペダルの位置を確認します。
OKならばナットを本締めします。

マーキングした位置を目安にして、ロックナットを今までよりも4mmくらい上に移動します。
手でつかんでいる部分を奥側へ押して、回して中のナットを上に移動させます。

ロックナットを回して上へ移動させます。
元の位置がわかるようにマジックペンでマーキングします。

リンク部分のピンを外しました。

リンク部分のピンと松葉ピンです。

私は緊急な時にすぐにブレーキをかけられるように、右足を常にブレーキペダルに乗せています。
ノーマルのペダルの位置では足首が痛くなってしまうので、ペダルを少し下げることにしました。

GSR750リヤブレーキ調整

「私のバイクGSR750」へ戻る