GSR750エンジンカバー

カバーをはずすと、ホース類がほんの少し動く所が2か所あったので、インシュロックで固定しました。

エンジンカバーを外すと、エンジン本来のメカニカルな姿が見えてかっこいいです。
ただ、エンジンが汚れた時の掃除が大変なのは仕方が無いでしょう。(笑)

車検の時にはカバーを取り付けた方が無難なので、ブラケットは紛失防止のためにカバーに取り付けておきます。

カバーをはずすと、3個のメッキのブラケットが目立つのでボルトを緩めて外します。
ボルトはきつく締ってなかったので、簡単にはずせました。

カバーの裏側にはスポンジが貼ってありました。
振動や騒音を吸収するためでしょう。

GSR750エンジンカバー

「私のバイクGSR750」へ戻る

エンジンカバー外し

GSR750の国内仕様車は世界一厳しい日本の加速走行騒音規制をクリアするために、エンジンの左側に遮音用カバーが追加されています。
これがプラスチックのカバーなので、ちょっとおもちゃのような感じを受けてしまいます。
そこでこのカバーを外すことにしました。
カバーは六角穴付ナベビスを3本はずせば、簡単にはずせます。

私のバイクGSR750ABS