タンクバッグの4か所にゴム紐を取り付けて、そのゴム紐をフックに引っ掛けるやり方にしました。
これならば、必要ない時には簡単に外すことができて、便利です。
走っている時には少し動いてしまうと思いますが、それほど重い物は入れないので問題ないと思います。

リヤシートバッグ取り付け

私のバイクGSR750ABS

GSR750リヤシートバッグ

ツーリング先の山の中の峠道には食堂などが無いことが多いので、コンビニで弁当を買っていって、景色が良い所で食べることが多いので、これで安心してツーリングに行けます。

少し大きいのですが、実用性を重視してこれで良しとします。

リヤシートの裏側です。
中心より少し上の両サイドにあるCの字型のフックがヘルメットホルダーです。
下の両サイドにあるベルトは荷掛けフックの代わりになる物です。
中心にあるフックはその荷掛けベルトを引っかけて収納しておくための物です。
この4個のフックを使ってタンクバッグを固定できないか、いろいろ検討してみました。

リヤシートはここにキーを差し込んで回すとはずれます。
ちょとやりにくいですが、防犯上わざとわかりにくい所にしたのでしょうか。

GSR750のリヤシートの下には小物入れがありますが、スペースが狭いので、車載工具を入れると雨カッパの上着くらいしか入りません。
日帰りツーリングでも、雨カッパとペットボトルの飲み物とカメラくらいは必要なので、タンクバッグをリヤシートに取り付けることにしました。

バイクのリヤシートバッグ

「私のバイクGSR750」へ戻る