GSR750ABS

ライディングポジション改善

私のバイクGSR750ABS

ハンドルのパイプには穴が開いています。

ハンドルのパイプには印が付いていて、その印をハンドルポストの割り締めに合わせることによって、組み立てる時に位置が決まるようになっています。

後は走りやすいように取り付け角度を調整します。
その前に気になっていることがありました。
アクセルグリップが横方向にガタが1mmくらいあるので、操作するたびに、横方向に動いてしまうので、どうにも気になっていました。
アクセルグリップはその左のスイッチボックスで位置が決まります。
アクセルグリップのガタを見ながらスイッチボックスを固定します。

ハンドルを手前に回転すると、ブレーキレバーとクラッチレバーが少し上を向いてしまうので、ボルトを緩めて角度を調整します。
スイッチ類も上を向いてしまうので、向こう側に回転したいのですが、ハンドルのパイプには穴があって、スイッチボックスには突起があって取り付け位置が決まるようになっています。

ハンドルポストの割り締めのボルトを緩めて、ハンドルの取り付け角度を20度くらい回して手前にずらします。

GSR750のハンドルは真横から見ると水平で、垂れ角がありません。
前に乗っていたGSX−R750はセパハンだったせいか、結構垂れ角がついていました。
GSR750のハンドルでは怒り肩になって、どうにも走りずらいので、ハンドルの改善をすることにしました。

左が純正状態、右が改造後です、
少し垂れ角がついているのがわかります。
これで、ライディングポジションが自然になって、走りやすくなりました。

このように削ります。

このままではスイッチボックスを回転して固定できないので、この突起をニッパーでカットして、丸棒やすりできれいに削ります。

バイクのポジション改善

「私のバイクGSR750」へ戻る